クリスマスのお祈り

結城浩

天の父なる神さま。
20世紀最後のクリスマスを迎えようとしているいま、
あらためて主の御名をほめたたえます。

神さま、あなたはすばらしい方。
この天地をお創りになり、私たちに命を与えてくださり、
いまここに住まわせてくださる方。
私たちの罪のあがないのため、御子イエスさまを送ってくださり感謝します。

いま、クリスマスのとき、イエスさまのことを覚えます。
今年一年、さまざまなことがありましたが、
あなたが支えてくださり、導いてくださったことを感謝します。
もうすぐ新しい年、21世紀を迎えようとしています。
新しい年も主の導きがありますことを心から感謝します。

イエスさまは、
私たちの身勝手のために十字架にかかりました。
私たちの罪の刑罰の身代わりとして十字架にかかりました。
そして私たちに本当の愛の姿を示してくださいました。
そのことを感謝します。

主よ。
私たちは本当に愚かなものです。
また罪深いものであり、自分のことしか考えない存在です。
いまそのことを心からあなたに告白いたします。
この愛のない私たちを赦してください。
イエスさまの十字架のゆえに、私たちをお赦しください。

また、孤独の中にいる方のためにお祈りをいたします。
クリスマスの季節にはカップル同士、家族同士の暖かなひとときがもたれます。
しかし、そのようなひとときから離れ、孤独の中にいる方々も
たくさんいらっしゃることをいま思います。

身寄りがなく、たった一人で暮らしている方。
あるいは、家族から遠く離れて暮らしている方。
一人で都会に出てきて、まだ親しい友人がいない方。
仕事のために家庭に戻れない方。

あるいはまた、
たくさんの人と楽しいパーティをしているけれど、
(ふとわれに返ると)心の内にさびしさばかりがある方。

その他、理由や状況はさまざまでしょうけれど、
いま、そのような孤独の中にいる方のためにお祈りをいたします。

恵み深く、愛深いイエスさま。
いま、孤独のうちにいる方のうえに、主の恵みがありますように。
神さまからの愛が送られ、励ましが与えられますように。
あなたは孤独をご存知です。
お生まれになるときもそうでした。
どこにもとまる宿屋はなく、家畜小屋であなたはお生まれになりました。
十字架にかかるときもそうでした。
いままでともにいた弟子から裏切られ、他の弟子たちもあなたを見捨てて逃げました。
あなたは孤独をご存知です。

主よ、どうか、いまさびしい思いをしている方の上に、
あなたからの豊かな祝福がありますように。
そして神さまからの励ましが心の中に満ち溢れますように。
神さまの完全なを知ることができますように。
クリスチャンでないなら、イエスさまを自分の主とする信仰が与えられ、
クリスチャンならば、信仰がますます強められますように。

この小さき祈りを、私たちの救い主、イエス・キリストのお名前を通して
神さまの御前におささげいたします。

アーメン。

(2000年12月24日の日記から)

豊かな人生のための四つの法則