構造と乱数列

結城浩

昨夜『ゲーデル・エッシャー・バッハ』を読みながら、 「ループや自己言及は、無限を有限でとらえようとする試みである」 ことについて思いを馳せる。

無限を有限でとらえるためには構造が必要になる。 だから、真の乱数列をプログラムで生成することができないのだろう。

(2005年3月27日の日記から)

豊かな人生のための四つの法則