読者からのお便り

結城浩

読者の方からとってもうれしいお便りをいただいたので、ご紹介いたします(長さの関係で一部編集しています)。 こういうお便りをいただくと、本を書いていてよかったなあ…としみじみと思うのです。

読者から: 『デザインパターン入門』も『マルチスレッド編』も、 両方とも自分のスキルを大幅!に向上させることができました。 とにもかくにも本がボロボロになるまで何回も読んだプログラム関係の書籍は、この2冊だけですかね。(ってそんなことはないかも) 書き物って結構大変な仕事だと聞きますが、終わったときの充実感もけっこうなものなんでしょうか? これからも良い書籍期待しています。 (31歳 製造業)

結城: とても励みになるフィードバックをありがとうございます! ぼろぼろになるまで読んでいただけたとは、著者冥利に尽きます…。 今後もおもしろい本にチャレンジしていきたいと思っています。

読者から: 『Java言語で学ぶデザインパターン入門 マルチスレッド編』をやり終えての感想は、一言でいって「一皮むけた」です。 本書中の骨のあるサンプルコードを読み、解読し、自分でプログラムしていくうちに知らず知らずのうちにJavaプログラムのセンスが磨かれていったと思います。 自分でアプリケーションを作る際も、再利用のことを考えてインターフェースや抽象クラスを効果的に設計段階で定義し、 その上でマルチスレッドにするのがいいのか、するなら、どのパターンを使用するのがいいのか、といった構想が自然に浮かぶようになっていました。 自分でも驚きです。

私にとってこの本はかなり難しく、終えるまでに3ヶ月半を要しましたが、 不思議と途中であきらめる気はおきませんでした。 それも、結城先生による、UML図を含めたとても懇切丁寧な説明があったからだと思います。 また、本書を終えて、身についたこととして「非常に粘り強くなった」ということです。 引き続き、『増補改訂版Java言語で学ぶデザインパターン入門』も頑張っていきたいと思います!!

結城: ずいぶん粘り強く頑張られたようですね。 じっくりサンプルコードを解読し、根気良く努力した成果があなたの実力として身についたのだと思います。 よかったですね! これからも頑張って勉強してくださいね。

Enjoy Java!

(2004年6月30日の日記から)

豊かな人生のための四つの法則