次男とJava本改訂

結城浩

編集部から『改訂版Java言語プログラミングレッスン』の上下巻が届いた。 表紙デザインも一新してなんだかとてもうれしい。

家内に見せたところ「なかなか素敵な表紙ね」との感想。

長男に見せたところ「どうして上と下に分かれているの?」との質問。 私は「ほら、二冊合わせると結構な厚さになるでしょう? これだと持ち運びもしにくいし」と答える。

そうこうしていると4歳になる次男が近寄ってきて、 「見せて見せて、お父さんの本!」という。 私が「はいどうぞ」と見せてあげると、 まだ字もあまり読めないはずの次男は、真面目な顔で受け取り、 本を開いてページを繰っていく。 家族が見守る中、ひとしきり私のJava本を研究(?)した次男は、 本を私に返しながらにっこり笑ってこう言い放つ。

次男「これ、いいじゃん!」

一瞬の沈黙の後、家族みんなで大爆笑になる。

本書もまた、神さまに祝福された本となり、 この本を必要としている人の役に立つことができますように。

でも、本を開いて見てくれたのは次男だけだったことに後で気づいた… (^_^)

(2003年10月24日の日記から)

豊かな人生のための四つの法則