教えられることと、知っていること

結城浩

結城「「自分が教えられること」と「自分が知っていること」ではどっちが大きいと思う?」

長男「意味がわかんない」

結城「あなたが他の人に教えることができる知識と、あなたがそもそも知っている知識ではどっちが多いかな、ということ」

長男「もちろん「知っていること」のほうが大きい」

結城「どうして?」

長男「だって、自分が知らなきゃ、他の人に教えられないじゃない」

結城「そうだね。自分が知らないことを、人に教えることはできないね。じゃあ、自分が知っていることを全部人に教えることはできるだろうか」

長男「ううん。できない、と思う。自分が知っていても、人に教えられないものもある」

結城「そうだね。自分が知っていることでも、教えられるとは限らない」

長男「うん」

結城「だから、教える前には、じゅうぶんに学んでおく必要がある。人にものを教える人は、他の人よりもずっと勉強しなくちゃならないんだ」

長男「当たり前じゃん」

結城「うん。当たり前のことだね。当たり前だけれど、大切なことだ」

(2004年5月26日の日記から)

豊かな人生のための四つの法則