あなたのおことばどおりこの身になりますように

結城浩

マリヤは言った。
「ほんとうに、私は主のはしためです。どうぞ、あなたのおことばどおり
この身になりますように。」

(ルカの福音書1章38節より)

「あなたのおことばどおりこの身になりますように」
マリヤのこの謙遜で従順な一言が世界を救ったことになる。
御使いガブリエルが処女マリヤに「あなたはみごもって、男の子を産みます」と
いったとき、マリヤは一度は「どうしてそのようなことになりえましょう。
私はまだ男の人を知りませんのに」と答えた。
しかしガブリエルの説明(35節〜36節)を聞き、
「神にとって不可能なことは一つもありません」という言葉を聞き、
「あなたのおことばどおり…」と従う態度をマリヤは示した。

そういえばモーセもそうだった。
民を連れてエジプトから出よという命令に一度は逡巡したモーセ。
しかし最終的には神に従った。アロンという助け手を得て。

ここに見られる、神と人間の関係は何だろう。
人間は神のロボットではないが、すべての権限があるわけでもない。
計画し、預言し、約束する神。
しかし人間には選択の余地が残されている。

そこには人間の自由意志があり、
対話可能な神がいらっしゃる。
対話が可能、ということは人格的な神を意味する。

神さまは神さまに従わないかもしれない可能性を残す存在として
人間を創造なさった。
自由意志とはそういうことだ。
何かを選び、何かを捨てる。
きっと、自由意志がなければ「」を学ぶことができないのではないだろうか。
マリヤの従順は、愛のあり方の一つである。

(1997年12月1日の日記から)

豊かな人生のための四つの法則