サイトの運営についてぼんやりと考える

結城浩

思いつくまま少し書いてみよう。

誰かがWebにコンテンツを置く。たとえばblogの記事を想像すればよい。 読者がその記事を読む。そしてdel.icio.usやb.hatena.ne.jpや1470.netでブックマークする。 ブックマークのサイトではRSS Feedを用意している。ユーザやタグなど何らかのaspectでRSSがFeedされる。 別の読者はRSSを購読(subscribe)する。 直接blogのRSSをsubscribeするかもしれないし、ブックマークサイトのRSSをsubscribeするかもしれない。 購読するときにはbulkfeeds.netやbloglines.comやi-know.jpなどのRSSアグリゲートのサイトを利用するか、 クライアント側で動作するRSS Readerを使う。 そしてまた記事を読んだ読者がブックマークをして…。

このような大きな流れを見ていると、RSSが重要な役割を果たしていることがよくわかる。

ところでこの流れの中で「広告」はどこに入り込むのがよいのだろう。 いや、もう少し広く考えて、blogの作者、それから各サイトの運営者はどんな「ビジネスモデル」を描いているんだろう。 「ビジネスモデル」というのを、ここではとても広く考えたい。 要するに「サイトの運営者の目的・目標・メリット・ゴールは何か」ということだ。 思いつくまま列挙する。

ぜんぜん整っていないけれど、 まあ、ぼんやり考えていること、として公開しておこう。

(2005年3月6日の日記から)

豊かな人生のための四つの法則