たこ焼きと天ぷら蕎麦

結城浩

たこ焼き

子供たちが、ティシュを丸めて色を付け、空のタマゴケースに入れて「たこ焼き」を作った。 本物そっくりで、とてもおいしそう。

天ぷら蕎麦

今日の夕食は天ぷら蕎麦でした。

ちくわ切るぅと言いながら次男がちくわを切ります。 長男は天ぷらのころもを溶きます。 家内がいんげん、かぼちゃ、さつまいも、ちくわを揚げていきます。 ちくわを揚げるときのころもには青海苔を混ぜ込みます。

鍋いっぱいのお湯でお蕎麦をゆでて、 ざるにあけてから、水を流してぬめりを取ります。 その間にお蕎麦のだしを水で割って準備。

揚げたての天ぷらで、いただきます。

(2004年10月10日の日記から)

豊かな人生のための四つの法則