助けを求める祈りは間違っていますか

結城浩

質問

この世で、苦しいからといって神様に助けを求めて祈ることは間違ってるのでしょうか。

結城の返事

具体的な状況を特定しない(特定しても)と、 正しいとか間違っていると言い切ることは難しいと思うのですが…。 私は、神さまに助けを求めて祈ることそのものは、決して「間違い」ではないと思います。 ただ、もっと神さまが喜ばれる種類の祈りがあるともいえるかもしれません。

例えば、 自分の私利私欲を求める祈りや願い、 あるいは神さまをコントロールしようとする類いの祈りは きかれる(かなう)ことはないでしょう。 神さまは飼いならされたライオンではないからです。

しかし、そうやって、自分勝手な祈りであっても、 何らかの意味で「自分の力ではなく、神さまを求めている心」 から出ていると思えば、 いちがいに否定するのもどうかと思います。 祈っているうちに 「どうも、この祈りは違っているのではないか」と 気づく可能性もあるでしょうし。

そして、 聖書の神さまに、よりいっそう信頼を置くように神さまが示してくださったり、 また自分の身勝手さに気づき、 悔い改める方向に神さま自身が導いてくださる可能性もあります。

苦しいとき、自分の力ではどうにもならないときに、 神さまに祈り、助けを求めることは正当なことです。 神さまはあなたの本当のお父さんなのですから。

しかし(もしも主の恵みにより可能なら)、 苦しい中でも、 神さまを信頼し、 神さまに感謝し、 神さまを賛美する祈りは もっと神さまに喜ばれると思います。

(私は、ここで、ものごとをかなり単純化して話しています)

ところで、話は少しそれますが、 人間の努力などというものはたかが知れています。 努力してがんばれば(神さま抜きで)万事うまくいく というのは(もしそう思っていらっしゃるなら)、 間違っている方向だと思います。

あまりお役には立てなかったかもしれませんね。 ごめんなさい。 以上は、あくまで結城個人の考えです。

メールありがとうございました。

追伸: もしかしたら、あなた自身が現在「苦しい」状況でしょうか。 それなら、あなたのためにも祈りますね。 神さまがあなたに助けを与えてくださり、信仰を与えてくださり、 現在の困難から脱出する道を備え、示してくださいますように。 イエスさまのお名前で祈ります。

(2000年11月30日の日記から)

豊かな人生のための四つの法則