タクシークイズ

結城浩

わがやでは「タクシークイズ」が流行っている。 クイズといってもクイズではなく、実際にはナンセンスな言葉遊びなのである。 問題はいつも同じで、解答がいつも違う。

結城「タクシークイズッ!」

長男+家内「ダーン!」(タクシークイズ、と言われたら必ず合いの手でダーンと叫ぶのが慣習である。 一休さんの「そもさん」「せっぱ」みたいなものだ)

結城「タクシーが来ました。手を上げたのにとまりませんでした。なぜですか」(というのがいつも同じクイズの問題である)

長男「運転手さんが気がつかなかったから」

結城「ブ、ブー。お客さんを乗せていたから」(出題者は必ず解答者と違う解を言わなければならない)

結城「タクシークイズッ!」

長男+家内「ダーン!」

結城「タクシーが来ました。手を上げたのにとまりませんでした。なぜですか」

長男「お客さんを乗せていたから」

結城「ブ、ブー。回送のタクシーだったから」

何回もやっているうちに、解答はだんだんシュールになっていく。

結城「ブ、ブー。ブレーキが壊れていたから」

家内「それ、あぶないって」

結城「ブ、ブー。高速道路だったから」

家内「高速には流しのタクシーはいないって」

たわいのない家族団欒ですね。

(2000年5月20日の日記から)

豊かな人生のための四つの法則