ネットがどんなに便利でも

いまを生きる

結城浩

こんばんは。結城浩です。

何だか毎晩寒いです。
家内と息子たちはまだ実家の残務整理をしています。

最近の私はどっぷりとプログラミング言語Perlに浸かっています。
プログラムを書いたり、本を書いたり、連載の原稿を書いたりしています。
つたない文章ですけれど、自分が考えていることを言葉の形にするのは
とても楽しいものですね。

毎日ホームページを更新していますが、
数年前には自分がこんなにホームページに「はまる」とは
思ってもいませんでした。もっとも、ホームページを公開することも
そんなに一般的じゃありませんでしたけれどね。

ホームページ上でいろんな企画を考え、
CGIを作ったりメールを出したりしていると、
たくさんの人とのやりとりがあって楽しいですね。
また、自分自身についても、意外な面を発見したりして、
なかなか充実した毎日です。

ネット上の性格と実生活の性格が違う人もいるかもしれませんが、
結城はあんまり違いがないなあ、と思っています。
そういえば、仕事をしているときと家でのんびりしているときも
あまり違いがないと家内が言います。

何回か、会社で仕事をしているところに家内を連れて行って、
「夫の仕事の現場」を見てもらったことがあります。
私としては、家庭とは一味違う自分の姿を見てもらいたい *^_^*
という気持ちがあったのですけれど、家内の目には「あまり違いがない」
とうつったみたいです(^_^;
まあ、それはそれで楽なものですが。

町を歩いていると、普通の人が「ホームページ」だの
「メール」だのと言った話をしているのが耳に入ってきます。
そんなに一般的なものになっちゃったんですね。

でもやはり、インターネットがどんなに便利でも、
そこに居るのは人間たちなのですよね。
それぞれに生活があって、うれしいときや、悲しいときや、
怒ったり愛したり裏切ったりしている。
ネットを介したからといって悪が善になるわけでもなく、
善が悪になるわけでもない。
ネットは、ただ、人の活動を増幅するだけなのかもしれません。

あなたは最近、いかがですか。
どんな毎日を過ごしていらっしゃいますか。

 天の父なる神様。御名を賛美します。
 2000年が始まって早くも1か月がすぎました。
 本当に時間がすぎるのははやいものだと感じます。

 どうぞ主よ、あなたが私たちの歩む道をはっきりと照らし、
 あなたの御旨にかなう生活をすることができますように
 お守りください。
 うれしいときも、かなしいときも、どんなときも、
 いつも主におゆだねし、平安のうちに過ごすことができますように。

 心の傷や不安、焦りや思い煩いは、
 すべて全知全能の神様におゆだねいたします。
 主が最善をなしてください。
 
 イエスさまのお名前によって祈ります。
 アーメン。

この手紙を通しても、主の栄光があらわされますように。

それでは、おやすみなさい。
よい夢を。

(にっこり)

豊かな人生のための四つの法則