結城です。
ちょっと一休みです。

子供のころ、庭にはなかよしの楓(かえで)の木がありました。
大きな木で、よじのぼったり木の上に座って遠くを見たり
することができました。
幹や枝の形をよく覚えているほど仲のよい木でした。

でも、物置小屋を庭に立てることになり、
その木は切り倒すことになってしまいました。
そのときは悲しい気持ちになりました。

いま、実家に帰っても、もちろんその木はありません。
でも、いつでも、思い出すことができます。
ほんとに。

================================================
結城浩「Letter」の登録ユーザにお届けしています。
登録や解除は http://www.hyuki.com/letter/ から。
================================================