【しばらく編集不可モードで運営します】 編集(管理者用) | 差分 | 新規作成 | 一覧 | RSS | FrontPage | 検索 | 更新履歴

エッセンス本 - 極悪です。ダンボール箱の中の本を見てたら、結城浩さんの「C言

極悪です。ダンボール箱の中の本を見てたら、結城浩さんの「C言 語プログラミングのエッセンス」という本が出てきました。昔はこ んなの読んでたんだ…と思ってパラパラめくってみたけど、ぜんぜ ん読んだ記憶ない。でも「トランプのオグジェクト化」のところは かなり強いデジャブを感じるし、「名前を考える/つける」の章と か確かに今の自分に刷り込まれている。申し訳ないことに読んだ記 憶も著者の名前もぜんぜん記憶に残ってなかったんだけど、でもい ろいろ学べた本だったんだなと思いました。

Perl についても、Perl の説明だけにとどまらない、この雰囲気の エッセンス本を書いて欲しいです。「Perl スクリプティングのエ ッセンス」。でもエッセンスそのものは言語によらず同じになるの かな(そりゃそうだ)。

エッセンスとかテクニックとか Effective ... とかいったタイト ルの本って、その言語のリファレンスや入門書には書いてない裏事 情やコーディングのテクニック、個人が見つけ出したノウハウみた いなものが書いてあって好きです。そういやコードコンプリートっ ていうおもしろい本もありました。Perl ベースでこの種の本が出 ないかな。「Perl Complete」とか。

結城です。うれしい書き込みをありがとうございます。 ええと、Perlではないですけれど、現在書いている 『Java言語で学ぶデザインパターン入門』パターン本 の本は、わたし的にはエッセンス本のルネッサンスだと思って書いています。