【しばらく編集不可モードで運営します】 編集(管理者用) | 差分 | 新規作成 | 一覧 | RSS | FrontPage | 検索 | 更新履歴

チューリング・テスト - **チューリング・テスト

目次

チューリング・テスト

 「・・・この機械が、たとえばニューイングランドの景観について
 美しく語ることができるというのは、本当のことである。しかし、この機械は
 りんごの木やりんご、山や牛、野原や尖塔を、それらが自分のすぐ前にあったとしても、
 認知することはできないであろう。」
 ヒラリー・パットナム 野本等訳「Truth and Rational,History」pp14-15
 
 というのがあった。人工無能うずらはこの類か。
 また、ワイゼンバウムは
 Lispでやっている。
 私が思うに、会話とは、その人の発する雰囲気であろうと思う。
 それは・・・言語を超えた世界なのだろう。
 「徳」とかを言葉で言うのは、不可能だから。

ワイゼンバウムのElizaについて http://www.hotwired.co.jp/news/print/20000907204.html