【しばらく編集不可モードで運営します】 編集(管理者用) | 差分 | 新規作成 | 一覧 | RSS | FrontPage | 検索 | 更新履歴

議事録作成 - 伊藤さん、小玉さん

伊藤さん、小玉さん

柳下です。 お疲れ様です。

標記の件、私がメモした内容を記載します。 (参考までに)

ぇー次回打合せまでに項目の詳細化を詰めましょうか。 運用要件を整理して、運用業務、保守業務をリストアップし、 重要度を設定。重要度によっては、現状の構成/ルールを 変更することになるかもしれませんので、そのような議論が できそうな資料を次回は説明するように理解してます。

*****備忘録*****

1/27(水) 9:00〜10:10

	 (山澤さん、尾崎さん、伊藤さん、小玉さん、柳下)

1. 目的の説明(伊藤さん)

	山澤さん:
	本来の目的は、情報公開サーバの運用保守設計を行うことで、
	現在LCSC内で対応している運用保守設計サービス業務が、
	各人で対応が出来るスキルアップを目的としている。
	(PPT内に記載してある”目的”を修正することはしなくても良い)
	
2. アウトプットの説明(伊藤さん)
	山澤さん:
	復元において、システムバックアップを復旧担保と定義するのはNG。
	システムバックアップも絶対ではないので、一から構築する手順・情報を
	別途検討し整理することが重要。

	山澤さん:
	現状の運用・保守を整理し設計する事。
	出来ない項目は設計する必要は現時点ではない。
	(例えば、監視=NOSOS等)
	(但し、RASツールが導入されているシステムで、何らかの理由で
	現状活用していないなどについては、積極的に提案しても良い)

	尾崎さん:
	設計書の目次に、体制/復元手順を明確に定義すること。

	尾崎さん:
	ソフトウェアの台帳は作成予定?
	(バージョン管理、復元するためのソフトウェア情報は管理マスト)

	尾崎さん:
	システム要件を理解・整理した上で、再度運用・保守項目を整理したほうが良い。
	(運用の重みにより、システム構成/要件が変わり、現状の構成を見直す必要が
	出てくるため、再整理は必須)

3. 課題の説明(伊藤さん)

	コメント特に無し。
	
4. スケジュール確認(山澤さん)
	山澤さん:
	完成図書(アウトプット)の完成がゴールではない。
	現時点までで整理した内容で図書を作成するのはNG。(項目未承認のため)
	従って、運用・保守の項目を更に詳細化し、レビューを行い項目の整理を
	行うことがまず重要。

この行を変更しました。