【しばらく編集不可モードで運営します】 編集(管理者用) | 差分 | 新規作成 | 一覧 | RSS | FrontPage | 検索 | 更新履歴

単語帳 - *単語帳

目次

単語帳

by YomoYomo****

翻訳をしていて気になった単語や言いまわしに関するメモ。どこまで一般に通用する内容かは保証の限りではない。

上に新しいのが来た方が見やすいので、そうする(2001/11/02)。


graceful degradation

技術関連の文章を訳していて、「graceful」という単語を目にすると、場違いな感じがして、妙にたじろいでしまうものだ。もちろん「優美な」という意味ではない。

大部分のインターネット・ユーザが利用しているブラウザは、画像表示をサポートしている。しかし、そうでないブラウザもあるし、画像表示をオフにして閲覧しているユーザもいる。あと(これが大事なのだが)音声読みこみブラウザなど、テキスト表示すらしないブラウザもある。

で、そうした表示機能が劣る(もしくは別形態を採る)ブラウザでも、それにできるだけ合わせた形でアクセシビリティを保つことを、graceful degradation という。img タグに alt 属性を付け、テキストブラウザで表示しても、そこに何の画像が来るか説明するのがその代表例。

最後になったが、「適切な低均作用」とか「低均化」と訳すようだ。

:スタイル・シートとHTML(加藤泰孝さん): http://www.asahi-net.or.jp/~bd9y-ktu/W3Ccss1/yomicss.html

「適切な降格(低均化)」と訳されている。

:どんなブラウザでも見えるように(Asadaさん): http://www.tsc.co.jp/~asada/html/campaign/abdesign.html#degradability

「適切な低均作用」と訳されている。


production

普通この単語は「生産」「製造」「製作」といった名詞として利用する。「製品」という意味もある(余談だが、我々はよく「芸能プロダクション」と言うが、手元の辞書をぱっと見ただけでは「会社」的な意味はない。これは和製英語なのだろうか)。

しかし、例えば

 how the module can work on a production Web server

とか

 a real production domain

のような表現を見ていると、どうもしっくりこない。ひょっとして形容詞としてのproductionなのだろうか。辞書には「生産の」「製造に関する」と一応形容詞の意味もあるのだが、これは当てはまらない。「稼動している」とでもいったところだろうか。

 

roll-your-own

これは手巻きの紙巻タバコという意味もあるらしいが、例えば、

 the roll-your-own approach of setting up your own server

という言いまわしで出てくる場合はどう訳したものか。はじめ「よく慣れた」ということかと思った。その後「俺流」ということかと思った。その後「てめえで仕切る」ということかと思いなおした。どうでしょうか、皆さん(って誰だよ)。


sanity check

文章にもそのまま表記されることが多いが、敢えて訳すなら「健全性検査」かな。

要は、IPアドレスが入るのに、ドットで区切られた値が255を越えることはないっしょ、といったチェックなどを指す。

この言葉を始めてみたのは、KAMEスタックのコードだったと思う。sanityという単語が分からず、Babylonで訳したら「正気の」とか出てきて、何でプログラムで正気であるか確かめなならんのか、と思ったのは懐かしい思い出だ。

余談であるが、プログラムの sanity もそうだが、それを作る側の sanity も危険にさらされている。

:積木くずし: http://slashdot.jp/journal.pl?op=display&uid=2824&id=22073

を読むとそんなことをふと思ったりします。あとついでに言えば、訳者の sanity も… -- YomoYomo


content

中身、内容、という意味でももちろん使われるが、今訳している文章で最も頻出するのが、ウェブページのcontent、つまり、「コンテンツ」という意味。

しかし、面白いことに、「コンテンツ」と訳するところで、contentsと複数形になっているのを見たことがない。もちろんそれはそれでよいのだが、そもそも「コンテンツ」と言い出したのは誰なんだ?


backlink

これはいわゆる「逆リンク」のこと。

例えば、この YukiWiki なら、画面の一番上のロゴの右側に、PageTitle? がリンクになってますよね。これをクリックすると、その WikiName を含むページの一覧が表示される。この場合 WikiName はすなわち PageTitle? なのだから、そのページへの逆リンク表示結果でもあるわけ。


Only a click away.

「1クリックで行けまっせ」ということのようだ。


context

「文脈」という訳語が最も包括的である。前後関係というか、流れというか。

言語学の世界では文脈依存(context-dependent, context-sensitive)などの用語でおなじみだし、そのまま「コンテキスト」と訳す専門分野もある。

が、これが一般の文章にでてくると訳に苦労する。そのまま「文脈」とはできないことが多いからだ(それじゃ硬いもの)。先ほども書いたとおり、「前後関係というか、流れというかさ…大体言いたいこと分かるっしょ?」と言いたくなるがそれは翻訳ではない。

以上が文脈依存言語である日本語らしい文章(ウソ)。「状況」とか「環境」とか適宜あてはめていくしかない、と思っている。

しかし、WikiWikiWeb とも馴染みの深いパターン関係の世界では、そのまま「コンテキスト」と訳すことに注意。以下結城さんと愉快な仲間たちによるデザインパターンFAQから引用。

コンテキストとは、 繰り返し発生する一群の状況のことを指します。その状況にパターンを適用することになります。

あと、訳語として「前後関係」というのもある。これは「文脈」と似たような感じであるが、現実の「前後」を指す場合もある。例えば、検索エンジン(サイト)の設定で、検索に合致した前後の文章を表示する/しないを設定可能なことがあるが、この「前後の文章」という意味で context を使ったりもする。「full search with context」などというように。


industrial-strength

ここでの industrial は「工業」とか「産業」ではない。「実務に使える」「業務に強い」といったことであり、よく使われる言い回しらしい(ShiroKawai さんからの情報。翻訳格闘例1参照)。

今翻訳の合間に「プログラミングPerl改訂版」をぱらぱらと読んでいたのだが、「はじめに」のところで以下のような文がある。

この逆の極端な例としては、ある有名な「工業用強度を持つ」言語では、ほとんど何をするにしても同じくらい困難である。

これの「工業用強度を持つ」というのは、多分 industrial-strength なんだろうな(原著がないので断定はできないが)。「業務に強い」の方がやはりずっといいな(笑)。 -- yomoyomo(2001/01/01)


less-is-more, more-is-less

これについて書くのを忘れていた。前者は「過ぎたるは及ばざるが如し」ということだと思う。で、後者となるとこの反対だから…「大は小を兼ねる」というあたりだろうか。

「建築相談室」( http://www.nittem.co.jp/counsel/post_modern.htm )からの引用。

建築家ミース・ファン・デル・ローエの"less is more"(少ないほど豊か)という言葉に象徴される今世紀の建築様式であるモダニズムが目指した機械的、均質的、合理的といったスタイルに対して、アメリカの建築家ロバート・ベンチューリは、1963年の代表作「母の家」や1966年に発表したその著作『建築の多様性と対立性』において、建築の潮流に大きな影響を与えました。その流れは、ミースに対して"less is bore"(少ないほど退屈)という言葉をキーワードとして、ポスト・モダンという運動になっていきました。

:バーチャルシティのデザイン 伽藍型まちづくりからバザール型まちづくりへ: http://ruitomo.com/~hiroo/hiroo/citylife.html


markup

かってに追加してみます - typer

使用文
http://www.perl.com/pub/a/2003/05/14/kwiki.html
Wikis use a much more natural markup, that〜

辞書を引くと「値上げ」とありますが、ここではHTMLでのmarkupです。 コンピュータ用語としては"markup language"で「マークアップ言語」と訳されますが、 単独で"markup"とあった場合には「マークアップ」だけだとひねりがない。 ほかに良い訳がないですか?