【しばらく編集不可モードで運営します】 編集(管理者用) | 差分 | 新規作成 | 一覧 | RSS | FrontPage | 検索 | 更新履歴

翻訳格闘例10 - *翻訳格闘例10

目次

翻訳格闘例10

by YomoYomo


:原文: Something to be especially aware of is how the ability to do something in a particular way can rapidly generate innovative ways of doing things and thus put new demands on the wiki. This can mean that the original purpose of the wiki is overshadowed by new, exciting uses. The question then arises of whether the old purpose is still relevant, so new wiki instances should be created and customized for these new purposes.

以下、訳者ノート。


:yomoyomo暫定訳:  特に承知しておくべきことは、特殊な手法を用いる機能が、いかに急速に革新的な利用目的を生み出し、そしてその結果wikiに新たな需要をもたらしうるかということです。これはつまり、wikiの元の用途が、新規の刺激的な利用目的により、影がうすくなる可能性があることを意味します。その場合、それでも元の用途が有効かどうかというのが問題になりますので、新規のwikiインスタンスが、こうした新しい用途に合わせて作成、カスタマイズされるべきです。
:結城試訳: 次の点は、特に念頭に置かなければならない。 特定の方法で何かを行うことができるなら、 そこから、革新的な方法で物事を行う方法が急速に生まれ、 wikiに新しい要求を課することになるかもしれないということだ。 ということは、新しくて刺激的な使い方によって、 本来wikiが持っていた目的の影がうすくなってしまうかもしれない。 そこで起こってくる疑問は、 現在の問題に対して、古い目的は今でも適切なのか、ということだ。 新しいwikiを作成・カスタマイズする場合には、 新しい目的にきちんと適合するようにしてやる必要があるのだ。


ある特殊な用途向けの機能が、革新的なやり方でものごとを行う方法を生み出し、そのために wiki に求められるものが変わってくるかもしれないとは念頭に置いておくべきでしょう。新しいワクワクするような使い方によって wiki 本来の使途は影が薄くなるかもしれません。そうなると、旧来の目的が今も適切なものなのか、という疑問が生じてきます。新しい wiki はそんな新しい目的にあわせて作られ、カスタマイズされていくべきなのです。


YomoYomo 結城さん、八木さんありがとうございます。いろいろとお世話になりました。そして、これからもお世話になるでしょう(笑)。

purposeは「用途」か「目的」か


原文の最後の一文の"whether"は、それ以下全文にかかるようにも読めると思います。

"The question then arises of whether the old purpose is still relevant (and) so new wiki instances should be created and customized for these new purposes."

というように解釈すると、下記のようにも訳せるのではないでしょか。

「そこで、wikiの旧来の目的が今でも適切なのか、それならば、新しい目的に特化された、旧来のwikiとは別の、新しいwikiが作られるべきなのかどうか、という問題が生じてきます。」

単語は、八木さんの訳を主に参考にしました。 -- t.ono