【しばらく編集不可モードで運営します】 編集(管理者用) | 差分 | 新規作成 | 一覧 | RSS | FrontPage | 検索 | 更新履歴

翻訳格闘例6 - *翻訳格闘例6

目次

翻訳格闘例6

by YomoYomo


原文

Navigare necesse est!

While the original meaning of this ancient quote had more to do with the need to travel in general, its more modern misinterpretation--about needing proper instruments to find one's way--is worthy of reflection as well. Navigating the Web also requires good tools, in the sense of well-chosen hyperlinks and other navigational aids adequate to the requirements.


yomoyomo暫定訳

航海が必要だ!(Navigare necesse est!)

引用したこの古い言葉の元の意味は、一般的な旅の必要性について主に述べていますが、この文の現代における誤った解釈―進むべき道を見つけるには、適切な道具が必要―についても、同様に考えてみる価値があります。ウェブをナビゲートするのにも、優れたツールが必要なのです。この場合、精選されたハイパーリンクや、要件に適した他のナビゲーションの助けとなるものがそのツールになります。


以下、訳者ノート。


結城

:英雄列伝: http://plaza.harmonix.ne.jp/~gaisui/rome/hero/p02.html

:主のみこころに服従すること: http://homepage2.nifty.com/grapes/JN018.htm

航海が必要だ!

この古い引用文は本来「旅というもの全般の必要性」に関連している意味を持っている。 しかし、近代における誤った解釈――道を見出すには適切な道具が必要――というのも一考に価する。 Webの航海においても、よい道具は必要だ。 道具といっても、厳選されたハイパーリンクと、 必要に応じたナビゲーション上のヒントのことだけれども。


AtsuoIshimoto?

最初の文ですが、私は 「オリジナルの方は "旅行においてしなければならないこと"(=the need to travel in general) について十分語りきってない(=have more to do)が、....」という意味にとりました。であれば、こんな風に訳せそうです。

この古い格言のそもそもの用法では一般的な旅行の心構えとしては不十分だが、現代の間違った解釈 - 道を見出すには適切な道具が必要 - の方もよく考えてみる価値がある。

ポンペイウスについて、次のような話が伝えられています。嵐の海に乗り出そうとする彼を友人たちが翻意させようとしたとき、彼は豪語して云ったそうです。「私には、航海すべき必要はあるが、生きている必要はない」。何と尊大な云い草でしょう! ポンペイウスは、その肥大した自尊心のあまり、自分のことを偉人と思い込み、その偉人の姿にもとるような行動を取るくらいなら死を選ぶといったのです。