【しばらく編集不可モードで運営します】 編集(管理者用) | 差分 | 新規作成 | 一覧 | RSS | FrontPage | 検索 | 更新履歴

BlogFeed - とりあえず、抄訳だけしてみました。

目次

とりあえず、抄訳だけしてみました。 普通の日記サイトがRSSを導入するにはこれがいちばん手っ取り早いのでは。 Wiki初心者なので遠慮なく修正してください。

Blogfeed

BlogfeedはあなたのサイトのHTMLファイルからRSS形式の更新情報を生成します。元来はBloggerで構築されたweblogのRSS生成のためにつくられたものですが、 BlogfeedはどんなHTML文書からでもRSSを生成することができます。

Download - ダウンロード -

Configuration Instructions - 設定 -

Blogfeedを使うためには、あなたのサイトのHTMLに多少手を加える必要があります。

それぞれの記事の最初に、 <span class="RSS:item"> を、最後に、 </span> を置いて囲んでください。 もしもあなたが、Bloggerをつかっているなら、テンプレートにこんな行を入れてください。

    <span class="rss:item"><$BlogItemBody$></span>

Tip: RSSの各項目を文中の最初のリンクではなくサイトにリンクさせたければうえのテンプレートを以下のようにしてください。

    <span class="rss:item"><a href="http://www.yourblog.com/#<$BlogItemNumber$>"></a><$BlogItemBody$></span>

Blogfeedは Channel(RSSの発信元)のタイトルをHTMLの <title> タグから取得します。半角百文字までが長さの制限です。

つぎに <head> 内にいくつかメタタグを挿入します。

channnel の説明です。半角700字まで。

    <meta name="description" content="Some catchy description of your blog.">

あなたのサイトのアドレスです。半角五百字まで。

    <meta name="rss:link" content="http://www.yoururl.com/">

ページの言語です。日本語ならja、米語ならen-usです。

    <meta name="rss:language" content="en-us">

オプションとしてRSSに画像をひとつ挿入できます。半角五百字まで。

    <meta name="rss:image" content="http://www.yoururl.com/yourimage.gif">

以上が終わったらBlogfeed.plに更新を取得するファイルのアドレスを指定してください。:

    my $blog_file = "default.htm";

同じディレクトリにないときはパスを、またurl表記でもかまいません。

つぎの行の設定 my $strip_html = "True"; は、RSSファイルに挿入された記事の文中からHTMLタグを取り除くかどうかを決めます。Falseにすると、RSSのなかにHTMLタグが残ります。 最後にスクリプトの最初の行をサーバーの設定にしたがって書き換えてください。

これで設定は終わりです。では実際にインストールしてみましょう。

Installation - インストール -

インストールは大変簡単です。Blogfeed.pl, MD5.pm, Simple.pm, そして Blogfeed.ping をサーバーにアップロードしてください。サーバーがWindowsなら以上で終わりです。 Unixサーバーの場合は以下のように属性を変更してください。

    chmod 755 Blogfeed.pl
    chmod 666 Blogfeed.ping

さて、以上で、ブラウザで http://www.yourserver.com/Blogfeed.pl にアクセスしてみてください。RSSファイルが生成されるはずです。(訳注。動かない場合は、Blogfeed.pl の拡張子を cgi にすると動くサーバーもあります。File not Foundになったときはアドレスの大文字小文字を確認してください。)

Version History

1.0b1

The perl module XML:RSS is used to produce the RSS text. The source blog can now be called via a URL or a local file. This allows you to host Blogfeed on a different server from your blog. Bug is fixed where the item link would sometimes not show up.

0.92

The meta tags are now HTML compliant. I was lazy before so they didn't comply. Now they do. You have the option to strip HTML from the description tag for the items and just use plain text in your feed. HTML is removed from the title for each item. Text is escaped better. Now accented characters, quotes, and non alphanumeric characters are converted to the appropriate HTML entity. Blogfeed notices if your blog has changed since the last time the feed was requested. If it has, it pings Weblogs.com for you.

0.91

Made the meta tags and the span tag case insensitive. So now <META>, <Meta>, and <meta> all work.

0.9

First public release

License

Blogfeed is released under the MIT License. In a nutshell what that means is that you can do anything you want with the software as long as you realize there is no warranty included. So you have our permission use this script on your site or use the code to create your own version. Heck, you can even sell it if you find someone dumb enough to buy it. Just don't blame us if your computer begins to smell funny after you use it. Acknowledgements

Thanks to Aaron Swartz's Blogify for the idea. We also lifted a regex from Julian Bond's rssify.

2000-2002 Kalsey Consulting Group