【しばらく編集不可モードで運営します】 編集(管理者用) | 差分 | 新規作成 | 一覧 | RSS | FrontPage | 検索 | 更新履歴

InfoPath - Microsoft社のOfficeシリーズのひとつ。

目次

Microsoft社のOfficeシリーズのひとつ。

何ができるか

開発者がXML文書を作成するためのInfoPathの「フォーム」をデザインする。 ユーザがInfoPathを立ち上げ、そのフォームを埋めて「保存」するとXML文書ができあがる。

XML文書は保存だけでなく「送信」もできる。 これによりあらかじめ指定されたURLにHTTP POSTでXML文書が送信される。

どこがいいのか

ユーザはXMLを意識することなく単に用意されたフォームを埋めるだけでよい。 開発者は整形XMLでデータチェックまでなされたデータを受け取ることができる

GUIを作らなくてよい。 「なにしろOffice」なので下手に自作するよりも使いやすいGUIが手に入る。

データチェックをInfoPathがあらかじめやってくれるのでその分のコードを書かなくてよい。

Wikiには使えるのか

使えそう(?)。 ただしうまくできたとしてもInfoPathをインストールしなければいけないのでインターネットよりはイントラネットなど向きか。

Tips

複数行のテキストを入力させたいときは?

テキストボックスまたはリッチテキストボックスの 「プロパティ > 表示 > 利用可能な書式設定」で 「段落の区切り」にチェックを入れる。 ただし Office 2003 SP1 が入っていないとこの設定はテキストボックスには使えない (はず。リッチテキストボックスでは使える)。

ユーザが入力した改行は XML ではどうなるか。 テキストボックスの場合は単なるホワイトスペースの改行として、 リッチテキストボックスに使った場合はXHTMLのdiv要素として現れる。