【しばらく編集不可モードで運営します】 編集(管理者用) | 差分 | 新規作成 | 一覧 | RSS | FrontPage | 検索 | 更新履歴

MacでPukiWiki - Mac OS X 10.3 Panther で PukiWiki を動かす方法。

目次

Mac OS X 10.3 Panther で PukiWiki を動かす方法。

PHP を使えるようにする

http://phpmac.com/articles.php?view=136 の記事に従うだけですが、 英語がよく分からない人の為に簡単に説明しておきます。 ここでは管理者権限のアカウントが必要です。 まずターミナルで以下のように入力して念のために設定ファイルのバックアップをとります。

cp /etc/httpd/httpd.conf ~/Desktop/

これでデスクトップに httpd.conf と言うファイルが現れる筈です。 このファイルを保管しておいてください。 つづいてターミナルで以下のように入力して pico を起動します。

sudo pico /etc/httpd/httpd.conf

ずらずらと Apache の説明が表示されたら、 Control-W + php + リターンと順に入力して php と言う文字列を検索します。 すると以下の行が表示される筈です。

#LoadModule php4_module libexec/httpd/libphp4.so

#記号を消して、この行の指定を有効にします。 カーソルを一行進めて、さっきと同じ要領で php と言う文字列を検索したら 以下のような行も見つかる筈です。

#AddModule mod_php4.c

同じように#記号を消します。Control-O + リターンで保存し、 Control-X + リターンで pico を終了しましょう。 これで Apache の設定ファイルの変更はおしまいです。 apachectl コマンドで Apache を再起動します。

sudo apachectl restart

これで Web 共有で PHP が使えるようになりました。

PukiWiki のインストール

ダウンロードした pukiwiki1.4.2.tar.gz をホームフォルダの「サイト」フォルダに置いて、 ターミナルで cd コマンドを使ってカレントディレクトリを移動し、アーカイブを展開します。 この作業は StuffIt? Expander でも可能な筈ですが、念のために tar コマンドを使います。

cd ~/Sites
tar -zxvf pukiwiki1.4.2.tar.gz

後は PukiWiki 付属の readme に従います。 再び cd コマンドを使ってカレントディレクトリを作成された pukiwiki ディレクトリに移し、 chmod コマンドでファイル権限を設定します。

cd pukiwiki
chmod 777 attach backup cache counter diff trackback wiki
chmod 755 face image plugin skin
chmod 666 cache/* wiki/*

以下の作業は mi 等のエンコーディングや改行コードを指定出来るテキストエディタを使用してください。 pukiwiki フォルダの pukiwiki.ini.php ファイルの、60 行目前後を以下のように書き換えます。

/////////////////////////////////////////////////
// 編集者の名前(自由に変えてください)
$modifier = 'あなたの名前';
/////////////////////////////////////////////////
// 編集者のホームページ(自由に変えてください)
$modifierlink = 'http://コンピュータの名前.local/~あなたのユーザ名/pukiwiki/pukiwiki.php';

コンピュータの名前は「共有」環境設定で、ユーザ名は「アカウント」環境設定で確認出来ます。

PukiWiki の管理者用パスワードはデフォルトで「pass」になっていますが、 LAN 内で公開する等で必要な場合は pukiwiki.ini.php 内の 99 行目前後 $adminpass 変数を書き換えてください。ターミナルで以下のようにmd5コマンドを使えば必要なハッシュが得られます。

md5 -s pass

動作確認

「共有」環境設定で「パーソナル Web 共有」を開始して、 さっき $modifierlink 変数に設定した URL にブラウザからアクセスしてみてください。 FrontPage が表示される筈なので、そこからページを作成したり編集したり凍結したり してみてください。うまく行ったらインストール成功です。


chmod 666 cache/* wiki /*

の微妙なスペース具合が程よい罠となっていませんか?sudoでやった痴れ者よりひとこと。


↓の本でも PukiWiki にページが割かれています。