【しばらく編集不可モードで運営します】 編集(管理者用) | 差分 | 新規作成 | 一覧 | RSS | FrontPage | 検索 | 更新履歴

TrackBack - 「Webサイト間のピアツーピア通信/通知のためのフレームワーク」

目次

「Webサイト間のピアツーピア通信/通知のためのフレームワーク」

いくつかのWebLogアプリケーションで実装されている。

あるサイトAの記事Xに、別のサイトBの記事Yで言及をした場合、 サイトAに対してそのことを通知することが出来る。 サイトAでは記事Xを参照しているサイトがリストされ、 サイトAの訪問者はサイトBの記事Yが記事Xに言及していることを知ることが出来るようになる。

詳しい仕様は

TrackBackに関する説明へのリンク

PingBackも参照。

日本語文字コードの問題(1.1以前)

元の仕様(1.1以前)で定義されるTrackBack Pingの送信は 実のところコンテントタイプがapplication/x-www-form-urlencodedの普通のHTTP POSTである。

ここで問題になるのが文字コードについてである。 送信内容のテキストの文字エンコーディングに関する情報の与え方が定義されていないので このままだと受信側で文字コードの自動判定を行わなければならない。 (これはTrackBackの仕様の問題というよりはapplication/x-www-form-urlencodedの仕様に根ざした問題である)

日本語のTrackBackで文字コード情報をどう伝えるかについては 複数の解決法が提案・実装されている。

Milanoさんのパッチ案とtDiaryの現行実装はIANA名(EUC-JPなど)を使用しています。

仕様1.2における日本語文字コードの与え方

TrackBack仕様1.2ではContent-Typeヘッダのcharset属性によって文字コードを指定するべきである(SHOULD)とされた。 この仕様では以下の点に注意すべきだ。

TrackBackに対応したソフトウェア、サービス

MovableType
http://www.movabletype.org/
b2
http://www.cafelog.com/
wordpress
http://wordpress.org/ b2の後継
blosxom
http://www.raelity.org/apps/blosxom/ プラグインで対応。http://www.raelity.org/apps/blosxom/plugins/input/writeback.individual
Nucleus
http://nucleuscms.org/ プラグインで対応 http://www.nucleuscms.org/plugins-trackback.php
はてなダイアリー?
http://d.hatena.ne.jp/cc2/keyword/%a4%cf%a4%c6%a4%ca%a5%c0%a5%a4%a5%a2%a5%ea%a1%bcTrackBack%a5%b7%a5%b9%a5%c6%a5%e0
tDiary?
http://tdiary-users.sourceforge.jp/cgi-bin/wiki.cgi?TrackBack
tclog
http://tclog.sourceforge.jp/ 送信のみ対応
tb-standalone
スタンドアロンのTrackBackサーバ。TrackBackの受信に対応していないツールと組み合わせて使うことが出来る。 http://www.movabletype.org/docs/tb-standalone.html
TBPY
スタンドアロンのTrackBackサーバ。Python?で書かれている。http://markpasc.org/code/tbpy/
PukiWiki

各実装の癖、問題点

b2

埋め込まれたrdf:Description要素の dc:identifier属性の値が "index.php?p=1234&more=1&c=1" のようになっていて絶対URIを得るには相対パスを解決しなければならない (MovableTypeではhttpではじまるURLになっている)。

これはTrackBackの仕様の記述から期待される値ではないし、 DublinCoreの規格上も問題がある。

はてなダイアリー

かなり独自の実装になっている(いた?)という指摘がある(下のリンクを参照)

TrackBackを扱うライブラリ

Net-TrackBack

TBLIB


コメント