結城浩の日記

結城浩

いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。
すべての事について、感謝しなさい。
これが、キリスト・イエスにあって
神があなたがたに望んでおられることです。

(新約聖書 テサロニケ人への手紙第一 5章16節から18節)


2020年9月29日

私立女子中高の先生から応援のメッセージをいただきました。


結城から

私立女子中高の先生から応援のメッセージをいただきました。 許可を得てシェアいたします。

はじめまして。千葉県の私立女子中高で数学教師をしております。 『数学ガール』(無印)が出版された頃からの結城先生のファンです。 かれこれ10年以上、声なき応援者です。

数学ガールシリーズと数学文章作法はすべて複数回読みました。 いずれも数学に対する向き合い方を再考する良い機会となったことは言うまでもありません。

結城先生が紡ぐ言葉は論理的で、シンプルで、かつ、優しく、美しく、読み手を安心させてくれます。 私の考えや表現の8割以上は結城先生の言葉に裏付けされていると思います。

特に、「自分の理解に関心を持つ」は結城先生からいただいた一番の宝物の言葉です。 毎回の授業で生徒と一緒に唱和しています。大げさではなく、本当に毎回です。

現在、私は集会などで学習について多くの生徒に話す機会が年に何度かあります。 本日の全校集会では結城先生のお名前とともに、 『数学ガールの秘密ノート/学ぶための対話』を世界一の良書として紹介させていただきました。

この本は教わる側、教える側、すべての人にとって読む価値があります。 「学びにおいては対話が大切である」ということの構造を見事に捉え言語化されています。 恐らくこれまでの秘密ノートシリーズの中でも圧倒的に執筆に時間がかかったことと推察いたします。

自分の中に、自分を教える先生を作る」というアイデアは、 自己を客観視することがまだ難しい中学生に対してもとてもわかりやすいものです。

この本は生徒たちの主体的な学びのきっかけになることでしょう。 そしてそれ以上に、教える側にこそ必要な本です。 たくさんの人がこの本を手に取ってくれることを切に願っております。

これまでは、私のメールを読むために結城先生の貴重な時間を割いていただくのが恐縮で、 声なき応援者でいようと決めていましたが、 感謝の言葉を届けたい思いが高まりファンレターを送らせていただいた次第です。

私はこれからも結城先生の言葉に支えられていくのだろうと思います。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 それではまた声なき応援者に戻ります。

結城から

長期間に渡る応援、ありがとうございます。 また、生徒さんへの拙著の紹介も感謝です。

先生のお気持ちが生徒さんに伝わり、 ひとりひとりが《自分の理解に関心を持つ》ことを意識してくれたらうれしいです。

これからの時代を生きていく中高生が主体的に学び、 よく考え、理解を深め、豊かな人生を生きていくことができるならすばらしいですね。

先生からのメッセージは、生徒さんの未来にとって大きな意味を持つと思います!


2020年9月18日

「結城浩のサブスタック」を始めました。



2020年9月8日

結城浩ニュースレター



2020年8月9日

結城浩ニュースレター



2020年7月5日

結城浩ニュースレター



2020年6月10日

結城浩ニュースレター



2020年5月6日

結城浩ニュースレター



 ぜひ、感想をお送りください

あなたのご意見やご感想をお送りください。

あなたの一言が大きなはげみとなりますので、どんなことでもどうぞ。

結城浩へのフィードバック

男性 (Male)   女性 (Female)

※上の情報は、いずれも未記入でかまいません。

All of the information above are optional.




 日記一覧

2020 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2019 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2010 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2009 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2008 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2007 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2006 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2005 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2004 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2003 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2002 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]