この方こそ主キリストです

結城浩

きょうダビデの町で、あなたがたのために、
救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。
あなたがたは、布にくるまって飼葉おけに寝ておられるみどりごを見つけます。
これが、あなたがたのためのしるしです。」

(ルカの福音書2章11節〜12節)

あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。
御使い(天使)は野宿をしている羊飼いにこう告げた。
イエスの誕生を最初に告げられたのは、
王様ではなく、金持ちでもなく、
野宿をしている羊飼いであった。

みなが待ち望んでいた救い主。
キリストがとうとうやってこられた。

・待っている方がやってくる
・預言されていたことが成就する
・約束されていることが果たされる
・起こるべきことが起こる

私たちは聖書の中からこのようなメッセージを読み取ることができる。
そしてそこから、神さまのご性格をうかがいしることができる。

私たちはいま、クリスマスを目前にしたアドベント(待降節)の中にいる。
クリスマスを「待っている」わけである。

私たちはいま、さらに大きなアドベントの中にもいる。
そう、キリストの再臨を「待っている」のだ。

聖書で預言され、まだ成就していないことがある。
(大きくわければ最後の一つだ)
それはこの世の終わり、キリストの再臨である。

キリストはみどりごの姿をしてこの世に受肉した。
十字架で死に、三日目に復活して弟子たちの前に姿を現した。
そして今度来られるときは、栄光をおび、御使いたちを伴ってやって来られる[マタイ25:31]。

(1997年12月4日の日記から)

豊かな人生のための四つの法則