おとうさん、だいすき

結城浩

今日もまた、次男を寝かしつけるのに『もりのなか』を読んだ。 私が読み終えると、次男は、私をぎゅうっと抱きしめて、

「おとうさん、だいすき」

と言った。 私は、その一言だけで20年くらい幸せに暮らしていける、という気持ちになった。

(2002年5月11日の日記から)

豊かな人生のための四つの法則