英語であそぼ

結城浩

とても天気がよい。

今日は、次男の咳はずいぶんよいようだ。感謝。 少し離れたところにある大きな公園に出かける。 次男はすべり台ですべったり、アスレチックのような遊具で遊んだり。 途中、転んだ拍子に木の椅子に思いっきり頭をぶっつけて大泣き。こぶができた。 くたびれたけれど、何だか充実。

夜眠るとき、次男が「イエスさまのお話を読んで」というので聖書物語を読む。 それからスキャリーさんの英語の単語の本を読む。 いつも帽子を追いかけているフランブルさんが楽しい。

英語と言えば、 最近わが家ではNHKの『英語であそぼ ゆかいなファミリーラップトーン!』を楽しく観ている。 うちではテレビはほとんどつけないのだが、 この『英語であそぼ』と『いないいないばぁ』と『おかあさんといっしょ』だけは観ている。 『英語であそぼ』を見ているせいか、次男の発音はnativeみたい(語彙はすごく限られているけれど)。 家内はVOCARACE(ボキャレース)がとても好き。 VOCARACEといえば、同じアルファベットのドライバーはみんな同じ乗り物に乗っている。 特に「S」は複数形のためか、必ず複数人のドライバーが一台に乗り込んでいるようだ。 たとえばSANTAS, SATURNS, SAUSAGESなど。

(2002年10月14日の日記から)

豊かな人生のための四つの法則