リンクと贈与文化

結城浩

結城のサイトへのアクセスを分析(ってほどじゃない、ログを少し見る程度)してみると、 次のようなページからジャンプしてくるユーザがいるようだ。

こうやって眺めてみると、ずいぶん多岐に渡っていることがわかる。 CGI、フリー文書、無料サービス、フリーソフトのあたりを眺めていると、 インターネットの贈与文化的な部分が見えてくる。 つまり、自分が情報やサービスを抱え込むのではなく、 広く公開する方がよい。 あまりうるさく言わず「最低の線さえ守ってくれれば、 あとは自由にどうぞ」という姿勢の方がよいようだ(推測)。

結城はインターネット(Web)からは直接収入は得ていない (以前、広告収入を考えたことがあったけれど、すぐやめちゃった)。 でも、CGIの本にしても、Javaの本にしても、 インターネットを通じていろんな方が宣伝してくれているので、 間接的にはとても大きな恩恵を受けているのではないか、 と思っている(推測)。

結城のサイトを宣伝してくださっているみなさま、 いつもありがとうございます。

(2001年1月23日の日記から)

豊かな人生のための四つの法則