孤独な人のために祈る

結城浩

バスを降りたとき「孤独な人のために祈る」という言葉がふと心に浮かんだので、祈る。

一人ぼっち。

まわりには誰もいない。

それはとても孤独だ。さびしい。誰もいない。誰も自分のそばにいない。 それはとてもさびしい。

でも、まわりにたくさん人がいても孤独なこともある。 まわりにはたくさん人がいる。でも、誰も自分の話を聞いてくれる人はいない。 言葉は聞いてくれる。でも、本当の自分の声に耳をすましてくれる人はいない。 ……そのように感じている人は、とても多い。

学校で、職場で、家庭で、自分のそばにいつも人はいるのだけれど、 自分の本当の気持ちをうちあけたり、 心からの感情を吐露できない人は多い。

自分の気持ちを話せないどころではなく、 いじめや仲間はずれ、陰口やいやがらせに悩む人もいる。 毎日行かなければならない学校や、職場、 あるいは家庭がそのような場所だったらどれほどつらいことだろう。

孤独。

信頼している人に裏切られるのもつらい。 いままでずっと一緒に歩んできた仲間から、 いざというときに突き放されるのは本当につらい。 自分は何も悪くないのに「悪いのはこいつ」と名指しされ、 いわれのない濡れ衣を着せられ、大勢の前で恥をかかせられる。 そのようなひどい目にあっている人もいるかもしれない。

あなたはいかがですか。

あなたの悲しみ、あなたの孤独、あなたの受けた傷のことは、 誰も理解できないかもしれない。

でも、イエスさまは、あなたの悲しみ、孤独、そしてあなたの傷のことを知っている。 その痛みを本当に知っている。

なぜなら、イエスさまもあなたと同じ道を通られたからだ。 信頼して共に歩んできた弟子の一人に裏切られ、 他の弟子たちもちりぢりに逃げてしまい、 一人だけ縄目を受けたイエス。 自分は何も悪いことをしていないのに「死刑にしろ」と言われ、 鞭打たれ、いばらの冠をかぶらされ、つばをかけられ、 恥ずかしい姿で、十字架で盗賊と一緒に死んだイエス。

イエスさまは、 孤独なあなたの受けた苦しみ――受けている苦しみを、 誰よりもよく知っています。

しかし、イエスさまは、十字架の死で終わったのではありません。 三日目に死に打ち勝って復活なさいました。 イエスさまの生涯は、孤独で終わったのではない。 孤独は通らねばならない通過地点でした。 孤独を通り、裏切りと悲惨な痛みと悲しみを通って、 しかし、最後には勝利をつかまれました。

時にイエスさまは、自らさびしいところに赴かれました。 さびしいところに行き、神さまにお祈りになったのです。 孤独を孤独とせず、孤独を神さまとの深いコミュニケーションの場となさったのです。

いま、孤独の中にいる人のために祈ります。

(沈黙)

天の父なる神様。あなたの御名をほめたたえます。 あなたは何とすばらしい方でしょう。 わたしたちを愛してくださり、そのためにひとり子イエスさまを十字架にかけてくださり、 わたしたちの罪(神を忘れ、自己中心に走ること)をゆるしてくださったことを覚えて感謝します。

神さまを忘れ、自分勝手に、 自己中心に生きているわたしたちが本来は死ななければならないところなのに、 イエスさまが、私たちの身代わりに死んでくださったことを感謝します。 あなたの救いを信じます。 イエスさまが死に打ち勝って復活し、わたしたちをもまた引き上げてくださることを信じ、感謝します。

神さま。 いま、孤独に苦しんでいる方がいらっしゃいます。 たった一人で悩んでいる方、たった一人で泣いている方、 誰にも理解されずに苦しんでいる方、 思うとおりに勉強が、仕事が、家事が、計画が進まない方がいらっしゃいます。 いったいどうしたらよいだろうと、とほうにくれている方がいらっしゃいます。

神さま。 わたしたちは本当に弱く、はかないものです。 どうか、わたしたちをあわれんでください。 悲しみの涙をぬぐってください。悩んでいる人にはよい解決を、 思うように物事が進まないという方には正しい導きを、主が与えてくださいますように。

人間関係で悩んでいる方もたくさんいらっしゃいます。 神さま。あなたはすべてをご存知です。 ほんとうに、あなたに知られていないことはありません。 この世の誰も知らなくても、神さま、あなたはご存知です。 そのことを畏れつつ感謝します。

どうか、人間関係で悩んでいる方、恋愛で悩んでいる方の上に、 神さまからのしっかりとした支えとはっきりとした指針が与えられますように。 聖霊さま、あなたは私たちの人生の導き手、正しいガイドです。 聖書の御言葉を通し、私たちの道を明るく照らしてください。

いじめや陰口で悩んでいる人の上に、主からの知恵と助けがあたえられますように。 どうか主がご介入くださって、よい解決、よい逃れの道があたえられますように。

伴侶を求めている方の上に、神さまからのよき出会いがありますように。 うまく人とコミュニケーションできないと悩んでいる人の上に神さまからの助けがありますように。 イエスさまがいつも共にいてくださり、人生のどんな場面でも主に祈り、主により頼んで生きることができますように。

弱いわたしたちにとって、人生は本当に困難や障害に満ちています。 あちこちに誘惑があり、落とし穴があります。 主よ、どうか、わたしたちひとりびとりの必要を覚えてください。 あなたが与えてくださる恵みを先取りして感謝します。 祈ったことはすでにかなえられたものとして感謝します。

何よりもまず、あなたご自身を祈り求めることができますように。 聖書を読み、あなたに祈り、あなたをほめたたえ、あなたに感謝することができるように。 いつも喜び、たえず祈り、すべてのことに感謝することができますように。 そうです、主よ。あなたに感謝します。 命を与えてくださっていること、いま、この場所に生かされていることを感謝します。 問題はやってきますが、すべて主によって解決すると信じます! 主よ、そのプロセスを通しても、あなたの栄光が表されますように。

新しい光を主が与えてください。 あなたが与えてくださる恵みによって、わたしたちは満ち足ります。 あなたが与えてくださる恵みはわたしたちにあふれんばかりに注がれるからです。 人から与えられるものに感謝し、さらに自分から与えるものとなれますように。 人から愛されるだけではなく、人を愛することができますように。 人をうらまず、人をゆるすことができますように。 人をさばくのではなく、人のことをとやかくいうのではなく、 人に喜びと励ましを与えることができますように。

関わるひとすべてに、イエスさまの薫りを伝えることができますように。 主よ。人にはできませんが、神さまにはおできになります。 ハレルヤ、主よ、感謝します!

この祈りをわたしたちの救い主、イエスキリストさまのお名前によって 御前におささげいたします。

アーメン!

(2003年8月20日の日記から)

豊かな人生のための四つの法則