子供の祈り

結城浩

私が「のどが痛い」というと、次男は心配そうな顔をして「のどいたいの?」と言う。 そして、私ののどに小さな手をあてて、一息で祈ってくれる。

「かみさまおとさんのどがいたいですからなおしてくださいえすさまのおなまえでおいのりしますああめん」

そして、私に向かってにっこりする。

(2002年5月20日の日記から)

豊かな人生のための四つの法則