段と級

結城浩

以下は、今日礼拝に行く途中の親子4人の会話。

家内「(前略)…その人は、囲碁何段なの?」

長男「んー、たぶん4段」

家内「4段ってすごいんじゃないの?」

長男「うん、すごいよ。じゃあクイズね。4段と5段ではどっちが強いでしょうか」

家内「5段」

長男「ピンポン、正解」

私「ジョウダン(冗談)が強い?」

一同「(笑)」

次男「バクダン(爆弾)?」

私「ナイス突っ込み!」

長男「じゃあ次のクイズ。2級と3級ではどっちが強いでしょうか」

家内「2級」

長男「正解です」

私「うん、それはとてもいい問題だ」

長男「何で?」

私「段のほうは数が多いほうが強いけれど、級のほうは数が小さいほうが強いことを問う問題だから」

家内「そろばん何級、っていうのもそうだわね」

私「それから、星の明るさ(等級)もそうだね」

(2003年3月9日の日記から)

豊かな人生のための四つの法則