妖精がひとり、歌を歌っている

結城浩

僕は、みずうみのほとりを歩いている。
空は青く、水は深い。

妖精がひとり、歌を歌っている。
軽やかなステップを踏みながら。

メロディは、いまでも覚えている。

(2005年1月13日の日記から)

豊かな人生のための四つの法則