満員電車の中での祈り

結城浩

座れず、本も読めず、吊り広告を読むか、目をつぶってじっと耐えるしかない満員電車の中。 何もできないように考えがち。

でも、祈ることはできる。

まずは、神さまを賛美する。ほめたたえる。

それから、神さまに感謝する。いろんなことを具体的に感謝する。

そして、周りの人の祝福を祈る。 ともに満員電車に載っている人々の祝福。運転手さんの祝福。 仕事やプライベートで自分に関係している人の祝福。

それから、神さまに自分の悩みを打ち明け、希望を述べ、願いを伝える。 でも自分の思い通りになることではなく、 神さまの御心の通りになることを願う。 そして、祈ったことはすでにかなえられたと信じる。

すべてを感謝し、イエスさまのお名前を通してお祈りする。

満員電車の中であっても、神さまに祈り、神さまからたっぷり恵みを受けることができるのです。

(2002年9月3日の日記から)

豊かな人生のための四つの法則