次男、『もりのなか』を読む

結城浩

何度も読んでいるので、 次男は『もりのなか』の冒頭部分をだいぶ覚えている。 字はまだ読めないので、聞き覚えである。 途中、途切れるのはご愛嬌。ちょっとどきどき<親馬鹿

(2002年6月17日の日記から)

豊かな人生のための四つの法則