気がつくと長男は少年になっている

結城浩

ふと気が付くと長男は6歳になっていて、 きりっとした「少年」になっている。 ちょっと頼もしく、うれしい存在である。 ピアノもずいぶん弾けるようになった。 キーを見ずにタイピングできるし、 風邪で私が苦しいときにはお祈りをしてくれる。 位上がりのある足し算もできるようになった。 息子にできることが増えていくのは嬉しいものだ。

しかし、それ以前に、彼の存在そのものが親にとっては喜びである。

(2000年11月28日の日記から)

豊かな人生のための四つの法則