仕事はとりかかるまでが大変

結城浩

朝、長男を幼稚園に送った後、ファミリーレストランで『Perl言語プログラミングレッスン 入門編』の原稿書き。

仕事って、とりかかるまでが大変だなあ。 とりかかってからはあっという間に時間が経つのに。 仕事にとりかかると、仕事の「内容」に集中できるのだが、 とりかかるまでは「とりかかろうかな、どうしようかな」とか 「うまく行かなかったらどうしよう」などということを考えている。 サクッとはじめればいいんだね、きっと。

本を書くって一日じゃできないからなあ。 本が生まれるまではどんな本になるかよくわからないし。 いや、わかっているのだけれど、わかってない。 仕事をするための魔法の呪文はない。 これを唱えればすべて解決するという魔法の呪文はないんだよなあ。

(1999年10月21日の日記から)

豊かな人生のための四つの法則