シンプルな例を作るのは難しい

結城浩

朝、マクドナルドで本を書くお仕事。 例となるプログラムを何度も何度も書き直しているが、 どうもしっくりこない。 どうして「シンプルな例」というのは作るのが難しいんだろう。 書いているうちに、あれもこれもと詰め込みすぎるため、 話したいテーマからどんどんそれていくのだ。 シンプルで、本質をついていて、トリビアルではない例。 これを見つけて書くのはとても難しい仕事であることがよくわかる。 人の書いた本や例を批判するのはとても簡単な仕事。 それから、頭の中で「これはこうすればいい」と思うのもまあまあ簡単な仕事。 だが、それを実際に紙の上(エディタの上)に表現することは信じられないくらいに困難な仕事なのだ。 これまで何度も何度もそういう経験をしているくせに、いまだに慣れない。 たぶん、私は謙虚さに欠けているのだろう。

(2001年7月26日の日記から)

豊かな人生のための四つの法則