スターウォーズ

結城浩

昨日、スターウォーズのエピソード1を観てきました。
私がスターウォーズを初めて観たのは中学2年生の夏(エピソード4)。
すごく感動しました。今回のエピソード1もとても楽しめたけれど、
エピソード4のときほどではないなあ (^_^;
CGとかスピード感あふれる映像に慣れてしまっているのかもしれませんね。

以下は水を差す一言。

『スターウォーズ』は娯楽映画としてはとても楽しいけれど、
思想・信条的には私はいま一つだと思いました。
あの有名な "May the force be with you." というセリフに代表される
「フォース」が、スターウォーズの根底にありますね。
そのフォースは、私には「人間の内なる力」を表しているように感じられます。
神という絶対者を立てず、人間の内なる力を信じる、というのは、
私には「心地よいが間違っている方向」に思われます。

それで思い出したのが先日観た別の映画『奇蹟の輝き』。
天国にいった主人公が、自殺した奥さんを救いに地獄に行く話。
あそこでは「愛」がすべてを解決するストーリーになっていましたが、
その「愛」はどんな愛なのか、私にはあまりピンと来ませんでした。
映像は奇麗だったのですが。
そこでもやはり絶対者としての神は表には出てこないのです。
やはりそれはすごく物足りない。

ほんのちょっぴり期待しているのは『プリンス・オブ・エジプト』。
何しろモーセが主人公(の一人)なのだから、
聖書の神が登場しないわけはない(と思いたい)。
でも、例えばモーセが海を分ける映像だけが見せ場だったらやだな。

    →後日談:『プリンス・オブ・エジプト』観ました。超お勧めです。(1999年7月28日)

クリスチャンの基準である「聖書」が言葉で書かれていることはとても意義深いと私は思っている。
映像や建物や彫像ではなく「言葉」で書かれている。

(1999年7月13日の日記から)

豊かな人生のための四つの法則