自分の「弱さ」をなおすにはどうするか

結城浩

日記めぐり中「山羊歩当棒録」で急に自分の名前が登場してびっくりしてしまった(2000年2月19日)。

 > 結城さんだったら人の「弱さ」をなおすのは「人」ではなく「神」だというかもしれない。 

私だったら「弱さをなおすのは神だ」と言う以前に、 「神様は、あなたの弱いところにこそ働かれる」と言うと思います。

確かに、私たちの人生をややこしくし、ままならないものにするものの一つに私たちの「弱さ」があります。 「道徳的な弱さ、意志の弱さ、そして存在そのものの弱さ」と村上春樹が書いている通り。 そして私も含めて多くの人が、自分が感じる自分の弱さを「努力」などで何とか克服しようとする。 そしてうまくいったり、うまくいかなかったりする。 ずっともがきつづける場合もあるし、そのうちに諦めの境地に至る場合もある。 でもそこには人間中心的な前提がある。

人間を中心にした考え:

以上のような項目が隠れた前提条件になっている。 実は、弱さを語るときですら、人間というのは自分に対してずいぶん過剰な信頼を置いているのだ。 自分の考えは正しいという信頼を置いている。

神様を中心にすえた視点は違う。

神様を中心にした考え:

神さまが働くときの「価値の大逆転」は人間の思いをはるかに越えている。 代表的な例を1つだけ。 キリスト教の中心となるシンボルは「十字架」だが、あれはもともと墓場や死を表すものですよね。 しかしキリスト教ではあれこそが愛であり、救いであり、復活であり、命なのです。 人間の狭い考えをふきとばすような「価値の大逆転」が、キリスト教にはあるのです。

…私だったらこんな風に答えます。山羊さんへ。(^_^) 山羊さんの弱さにも主が触れてくださり、主からの平安が与えられますように。

(2000年2月20日の日記から)

豊かな人生のための四つの法則