おまえの神はどこにいるのか

結城浩

今日、聖書を読んでいると「おまえの神はどこにいるのか」という言葉が心に残った。 これは、聖書の中に登場する言葉だ。 神を信じる人に敵対する人の言葉で、典型的な言葉だ。

愛する兄弟姉妹。神を信じる兄弟姉妹。 もしかしたらあなたもいつか、 このような言葉をあざけりとして受けるかもしれない。 「おまえの神はどこにいるのか」 「あなたは神さま神さまというけれど、どこにいるというの」 というように。 でも、それは典型的な言葉、パターンなのですから、 驚き怪しむにはたりません。 (詩篇42:3、詩篇42:10、詩篇79:10、詩篇115:2、ヨエ2:17、ミカ7:10など)

恐れず、不信仰に陥ることなく、 また愛を失うことなく、ただ主に信頼しましょう。

なぜ、国々は言うのか。
「彼らの神は、いったいどこにいるのか。」と。
私たちの神は、天におられ、
その望むところをことごとく行われる。
彼らの偶像は銀や金で、人の手のわざである。
口があっても語れず、目があっても見えない。
耳があっても聞こえず、鼻があってもかげない。
手があってもさわれず、足があっても歩けない。
のどがあっても声をたてることもできない。
これを造る者も、
これに信頼する者もみな、これと同じである。
(詩篇115:2-8)

(「神さまはどこにいるの」という質問は、 あざけりの言葉ではなく、純粋な問いの場合もあります。念のため)

(1999年8月3日の日記から)

豊かな人生のための四つの法則