読み合わせって何ですか?

結城浩

質問

前々から気になっていたのですが、「読み合わせ」ってどんな作業をされるのですか?

回答

読み合わせというのは、編集者と一室にこもって、 書籍のゲラを一ページ一ページめくりながら、 微妙な疑問点の確認を行ったり、 間違いやすい指示を徹底したりする作業です。 初校と再校の2回やります。 読み合わせまでには編集者と著者の朱入れは済んでおり、 著者から編集者への情報伝達は朱を入れた校正紙で用はほとんど足りるのですが、 「読み合わせ」は面と向かわないとできない種類の情報交換の場になります。 読み合わせにかかる時間は、 短いときには2〜3時間、長いときには6時間くらいでしょうか。 編集者や著者によって進め方や呼び名は違う可能性があります。 そもそも読み合わせを行わない編集者や著者もいます。

私は経験的にこの「読み合わせ」は書籍の品質を上げるために重要なステップだと思っています。

(2003年8月5日の日記から)

豊かな人生のための四つの法則