あなたはあなたの なすべきことをせよ

結城浩

駅のベンチに座って思いを巡らす。

祈りの小部屋で祈ることに、どんな意味があるのだろう…。
クリスチャンである私は答えを知っている…。
神さまを知ること、神さまを信じることが大きな解決への一歩だと知っているのに、
それを直接メールの送り手に訴えず、
この世の知識で返事を書くことにどんな意味があるのか…。
「宗教を押し付けないので、いいページです」というメールが来るが、
このメールに喜んでいいのだろうか…。
もしかしたら、きちんと語るべきことを単に水増ししているだけではないか…。
いや、そうではない…。
特に未信者に単に神さまを信じろ、といって何の意味があろうか…。
そうではなくて、相手の立場に立って思いを巡らすところに意味があるのだ…。

多くの思いが心に渦を巻く。
すると、即座に、
大きな声が心の中に響き渡る。

 あなたは自分を何だと思っているのか。
 いったい誰が主なのか。
 すべてのことをつかさどるのは誰か。
 あなたはあなたの なすべきことをせよ。

その一声が、議論をするふりをしておじ惑っている私のおそれを吹き飛ばす。

神の声。
聖書を通して感じているあの声、
教会で信徒同士の祈りを通じて耳慣れているあの声、
迷っている羊を集める羊飼いの声、
万軍を指揮する王の声、
そして、放蕩息子をかき抱く父の声。
その声が心の中に響くとき、私は神の存在を深く確信する。

(1997年12月15日の日記から)

豊かな人生のための四つの法則