ユーキ、お仕事をゆめみて

結城浩

夜、寝床で絵本『ズーム、エジプトをゆめみて』を次男のために読む。 この本は、ズーム三部作の最終刊だ。 最近はずっとこの本が 「お気に入りの一冊」になっている。 この本はインディー・ジョーンズ風の趣があって、 長男が小さいときには恐がったものだけれど、 次男はけっこう喜んで聞いている。 同じ 「ファンタジーの翼」を広げても、子供の反応はそれぞれに違う。これも個性か。 「ゆっくり読んで」いるうちに、次男はすぐに眠ってしまう。

後日談:ちょうどこのころ、 『暗号技術入門 ―― 秘密の国のアリス』を書いていました。 この本の中には「…を夢みて」というフレーズが出てきます。 これは『ズーム、○○をゆめみて』という書名からお借りしたものです。

(2003年4月13日の日記から)

豊かな人生のための四つの法則