私を見張っている、誰か

Someone to watch over me

リチャード・ストールマン

偏執狂的な人は「政府は我々にチップを埋め込み、我々を監視し、我々をコントロールしようと計画している」とよく言う。 ワイヤード・マガジンによれば、認識チップを人間に埋め込むことが現在計画されているという。

このアイディアの最も恐ろしい部分は、 こういった認識チップは、将来GPS受信機を含むかもしれず、 あなたが行くすべての場所を記録できるようになるだろう、 ということだ。 そうなれば、あなたに断りなく、 あなたの行動記録を読み出す機械が警官全員に支給される、というのは自然な流れだ。 これでは、あなたの生活は開かれた本のようなものとなってしまう。 携帯電話を持ち運ぶのと同じくらい悪い話だ。

携帯電話といえば、 何百万台ものGMの新車にはGPSと携帯電話が組み込まれている。 その目的は、自分の車がどこにあるかを調べるという月極め有料サービスを提供することにある。 そのサービスの料金を払わない場合、 あなたは、GMが持つその情報にアクセスすることはできない ―― しかし、GMや、警察や、 GMのコンピュータにどうやったらアクセスできるかを理解しているクラッカーなら誰でも、 あなたの車の動きをずっと追っていくことができるだろう。 もしもあなたの車がこの「機能」を持っているなら、 GPSと携帯電話が電気的に接続されておらず、電源が供給されていないことを確かめなさい。 そうしておけば、彼らはあなたを追跡できないからだ。

今日び、「私は監視されている」を偏執狂のたわごととは言い切れないのだ。


Return to Richard Stallman's home page.

Please send comments on these web pages to rms@gnu.org.

Copyright (C) 2002 Richard Stallman

Verbatim copying and distribution of this entire article is permitted in any medium, provided this notice is preserved.


訳者メモ

翻訳は 結城浩が行ないました。 誤字・誤訳の指摘を歓迎します。

HTMLソースに原文がコメントとして含まれていますので、 ご指摘くださる際に利用してください。

プロジェクト杉田玄白正式参加テキスト。

関連リンク

翻訳の更新記録