彼女からの福音

いまを生きる

結城浩

結城です。いかがお過ごしですか。

月末は仕事が山積みで、なかなかつらいものがあります。
仕事に対して及び腰になると、取り掛かるのがついおっくうになり、
悪循環に入ってしまいます。
もともと、文章を書いたりプログラムを書いたりは、
好きでやっている仕事なので、取り掛かりさえすれば、
割合にスムーズに進むのです。でも、取り掛かるまでが大変。
手を洗ったり、ソファでごろごろしたり、お祈りしたり、
まあ、いろいろと、ね。

今晩はもう仕事はしないので、ビールが入っています。*^_^*
机の上で頬杖ついて、仕事のことを考えたり、
家内のことを考えたり、あなたのことを考えたりしています。

彼女(今の家内)と付き合っていたころ、
私はたくさんのラブレターを書きました。
いまのインターネットの日記の更新頻度よりも高かったですね(^_^)
家内と私は遠距離恋愛でしたから、
(電話もしましたけれど)
ラブレターはとても大切な通信手段でした。

ラブレターの中には、互いのことや信仰のこと、
それに毎日のたあいもない出来事などを書いていました。

そのころ、私は求道中で、
すでにクリスチャンだった彼女(家内)から、多くのことを学びました。
彼女も熱心に本を紹介したりしてくれました。
三浦綾子さんの三部作もそのころ読みました。
チェスタトンも、C.S.ルイスも、彼女の蔵書から借りて読みました。

そのころ私は、彼女と結婚したいという気持ちを持っていました。
そして、またイエスキリストを自分の救い主として受け入れる
気持ちも固まっていました。
「私は彼女と結婚したいからクリスチャンになるのか、
 それともそういう思惑なしにキリストを信じているのか?」
などと自問したものです。まあ、若かったと言いましょうか。
でも、それはそのときの自分にとっては大切な問いでした。

細かい経緯は覚えていないのですが、
聖書のヨハネ4:42が解決だったように思います。
確かにイントロは彼女だったかもしれない。
彼女を通してイエスさまのことを知り、
彼女と結婚しようと思ったからこそ、
彼女が大事にしているものを知りたいと思ったのだ。
しかし、いまや、私は「自分で聞いて信じている」のだと気づいたのです。

そのとき、私は、よく教会で言われるフレーズ
「イエスさまを自分の個人的な救い主として受け入れる」
の「個人的な」という意味をはっと悟ったように思います。
神様と自分の一対一の関係、イエスさまと自分の「個人的な」関係の意味を。
信仰は強制ではない。
他の誰でもない私が、自分の耳で福音を聞き、
そして主の恵みのうちに信じることができたのだと思ったのです。

若き日にあなたの創り主を覚えよ、と聖書にあります。
私が信仰を得たのは20代の前半でした。
もし、もっと早くイエスさまの救いを信じることができたなら、
また私の人生は変わっていたかもしれません。
しかし、人生に「もし」はない。
神の時は最善の時。
私があのとき、彼女から福音を聞き、聖書を学び、
信仰を得、そして洗礼を受けることができたのもまた、
神様の大きな計画の中にあったのだと信じます。

毎日、忙しかったり、あわただしかったり、
途方にくれたり、頭を悩ませたり…
いろんな日があります。
いろんな時があります。
しかし、それもまた私の人生なのだと思います。
神様が与えてくださった貴重な一日、貴重な人生。
なかなか自分の思うように生きることはできないけれど、
自分が願うとおりではなく、神様が願うとおりに生きたい。

聖書は、神様からのラブレター。

いつも私の手紙を読んでくださって、ありがとう。
おやすみなさい。

豊かな人生のための四つの法則