UpFtp

ホームページ更新用Perlスクリプト

結城浩

UpFtpは、FTPでホームページを更新するための簡単なPerlスクリプトです。

目次

はじめに

UpFtpはFTPでホームページを更新するためのプログラムです。

複数のディレクトリに渡ってHTMLファイルがあり、 ローカルディスクで個別に更新している場合、 サーバにどのファイルを送信したらいいのか迷うことがあります。 UpFtpを使うと、前回の送信以降に更新されたファイルのみを送信しますので、 無駄な送信や送信忘れがありません。 また、自動的にディレクトリを移動しつつ送信しますので、 誤ったディレクトリに送信したりすることもありません。

UpFtpはフリーソフトです。 ご自由にお使いください。

UpFtpはプログラミング言語Perlのスクリプトとして実現されていますので、 Perlの言語処理系が動作する環境ならばOSに依存せずに実行できます。

ダウンロード

ドキュメント

UpFtp - ホームページ更新用プログラム

                                2006年9月10日
                                結城浩 hyuki@hyuki.com
                                http://www.hyuki.com/upftp/

●はじめに

    UpFtpはFTPでホームページを更新するためのプログラムです。
    複数のディレクトリに渡ってHTMLファイルがあり、
    ローカルディスクで個別に更新している場合、
    サーバにどのファイルを送信したらいいのか迷うことがあります。
    UpFtpを使うと、前回の送信以降に更新されたファイルのみを送信しますので、
    無駄な送信や送信忘れがありません。
    また、自動的にディレクトリを移動しつつ送信しますので、
    誤ったディレクトリに送信したりすることもありません。

●使用方法

    - upftp.plの始めにある変数を自分の環境用に設定します。
    - 始めは練習用として $noftp = 1; にしておくと実際の送信が行われないので安心です。
    - filelist.txtを自分用に書き換えます。
    - perl upftp.pl のように実行します。

●仕組み

    - filelist.txt に送信すべきファイル名を書いておきます。
      $localrootdir からの相対パスです。
      このファイルは $remoterootdir からの相対パスへ送信されます。
    - ファイルのタイムスタンプと、filelist.txt中の送信日時を比較して、
      ファイルのタイムスタンプが新しい場合には送信を行います。
    - 拡張子でバイナリモードにするかどうかの判断をします。
      何をバイナリモードにするかはスクリプトを見てください。

●制限事項

    - 複数のFTPサイトにまたがった送信はできません。
    - ローカルとリモートのディレクトリ構造は同一でなければなりません。
    - パスワードがエコーバックされてしまいます。

●バグ報告

バグ報告は結城浩 hyuki@hyuki.com までお気軽に。
最新版は、以下にあります。
http://www.hyuki.com/upftp/

やるべきこと

関連

更新履歴

豊かな人生のための四つの法則