文章教室 第7回 問題編

――よい比喩を使いましょう――

結城 浩

目次

よい比喩を使いましょう

こんにちは、結城浩です。 文章教室の第7回は、「よい比喩を使いましょう」がテーマです。

よい比喩(ひゆ)を使うと、 文章は飛躍的に読みやすく、分かりやすくなります。 次の(1)を読んでみてください。

(1) プログラムAは、作り出したデータをプログラムBへ渡します。 プログラムBは、そのデータを加工してからプログラムCへ渡します。

(1)の文章では3つのプログラムとデータについて解説しています。 これはそれほどおかしな文章ではありませんし、 読めば理解できるでしょう。

しかし、次のように比喩を使って解説を補うと、 より読みやすく、分かりやすくなります。

(2) プログラムAは、作り出したデータをプログラムBへ渡します。 プログラムBは、そのデータを加工してからプログラムCへ渡します。

いわば、 この3つのプログラムは、 データというバトンを渡していくリレーの選手なのです。

(2)では、 プログラムの振る舞いをリレーの選手にたとえ、 渡すデータをバトンにたとえています。 これで、3つのプログラムの振る舞いを頭の中でイメージしやすくなります。

対応関係は次のようになります。 表にするほどのことではありませんが。

プログラム データ
リレーの選手 バトン

(2)では、 文章の最後に比喩を持ってきました。 こうすると、 読者は、自分の理解が正しいかどうかを比喩によって確認できます。

次の(3)では、比喩を文章のはじめに入れています。

(3) 3つのプログラムA, B, Cは、 データというバトンを渡していくリレーの選手のようなものです。

プログラムAは、作り出したデータをプログラムBへ渡します。 プログラムBは、そのデータを加工してからプログラムCへ渡します。

(3)の場合、 読者はまず比喩を読んでイメージをつかんでから 詳しい内容を読むことになります。

(2)と(3)のどちらがよいかはいちがいに言えません。

わるい比喩(比喩になっていない)

よい比喩は、読者の理解を助けますが、 わるい比喩は、読者の理解を妨げます。

次に示す(4)はわるい比喩の例です。

×わるい比喩(比喩になっていない)

(4) プログラムAは、作り出したデータをプログラムBへ渡します。 プログラムBは、そのデータを加工してからプログラムCへ渡します。

いわば、 この3つのプログラムは、 プレゼント交換をしている恋人同士なのです。

(4)ではプログラムを「プレゼント交換をしている恋人同士」にたとえていますが、 これは比喩になっていませんね。 あ、いま笑った方もいらっしゃいますが、比喩になっていない比喩を使った文章って、 意外とあるんですよ。

わるい比喩(過剰な対応付け)

次に示す(6)も別の意味でわるい比喩の例です。

×わるい比喩(過剰な対応付け)

(6) プログラムAは、作り出したデータをプログラムBへ渡します。 プログラムBは、そのデータを加工してからプログラムCへ渡します。

いわば、 この3つのプログラムは、 データというバトンを渡していくリレーの選手なのです。 プログラムAはバトンを作り出し、 プログラムBはバトンにリボンをつけます。 プログラムのユーザは、 リレーの選手を応援している応援団です。

(6)では、バトンとリレーの選手という比喩をどんどん拡張しています。 データの作成をバトンの作成にたとえ、 データの加工をバトンにリボンをつけることにたとえています。 ここまでは(比喩として苦しいですが)ぎりぎりセーフかもしれません。 でも、プログラムのユーザを、 応援団にたとえるのは無理でしょう。

よい比喩を使うのは読者の理解を助けますが、 比喩はあくまでも理解を助ける補助の役割にすぎません。 無理やり100%の対応づけを行ってはいけません。

わるい比喩(比喩の方が理解しにくい)

次に示す(7)もわるい比喩の例です。

×わるい比喩(比喩の方が理解しにくい)

(7) プログラムAは、作り出したデータをプログラムBへ渡します。 プログラムBは、そのデータを加工してからプログラムCへ渡します。

ソプラノが提示した主題を、アルトが受けて、 さらにその主題をテナーが受け取るように、 この3つのプログラムは振る舞うことになります。

(7)では、 プログラムの振る舞いを音楽の何かにたとえているようです。 でも、残念ながら、 もとの文章よりも比喩の方が理解しにくくなっています。 こんな比喩はないほうがいいですね。

どういう比喩が理解しやすいかを考えるときは、 「読者のことを考える」のがよいでしょう。 読者が知っていること、読者が直感的にイメージできることを、 比喩の題材に使うといいのです。

難解で読みにくい評論には、ときどき理解しがたい比喩が登場します。 でも、あれを真似してはいけません。 「オレはこんなことまで知っているんだぜ」 と知識を誇示するような比喩を使ってはいけないのです。

説明が長くなってしまいました。

それでは、 練習をしてみましょう。

練習

【書いてみましょう】 次の文章を読みやすく書き換えてください。

※適切な比喩が見つかればそれを使います。 見つからなければ無理に比喩を使わないようにしましょう。

※ピオミクタンなどの名前は架空のものです。 文章を読みやすくするために情報の加筆が必要なら、 適当に背景を考え出してもかまいません。 読みやすくなればよろしい。

ピオミクタンとサドラミンを同時に使うと、 サドラミンの効果は失われ、ピオミクタンの効果だけが残ります。 サドラミンとグドランをいっしょに使うと、 サドラミンの効果だけが残り、グドランの効果は失われます。 グドランとピオミクタンを合わせて使用したりすると、 ピオミクタンの効果は失われてしまい、グドランの効果だけが残るようになります。 ピオミクタン、サドラミン、グドランを一緒に使うと、 すべての効果が失われてしまいます。

自由課題

【書いてみましょう】 「ジグソーパズル」を比喩に使った文章を書いてください。

リンク

豊かな人生のための四つの法則