数学ガール
「数学ガール」シリーズ1

結城浩

本書は「数学ガール」シリーズ第1弾です。

ミルカさん、テトラちゃん、そして「僕」。

三人の高校生が、学校の枠を越えた数学に挑戦します。

数学クイズが好きな一般の方から、理系の大学生、社会人まで楽しめます。

Amazon

Kindle


書誌情報

『数学ガール』
結城浩 著
ソフトバンククリエイティブ(株)刊
ISBN-13: 978-4797341379
ASIN 4797341378
1800円(税抜)

Amazon

本書の想定読者

本書は、以下のような方にお勧めできる本です。

  • 学校とは違う視点で数学を見てみたいと思う高校生・大学生…
  • 自分から進んで学ぶってどういうことだろうと思っている人
  • 数学に対して《わかっていない感じ》がする人
  • やさしい数学読み物ではちょっと物足りないなあと思っている人
  • 数学のおもしろさに触れてみたいと思っている人
  • 学生時代は数学をやったけれど、最近はあまり数学的なことを考えてないなと思った社会人
  • 《理系にとって最強の萌え》っていったい何だろうと思ったすべての人

ストーリー

数学は好きだけれど、人付き合いはちょっと苦手な「」は、高校に入学した初日に、数学が得意な才媛・ミルカさんに出会う。 「僕」とミルカさんは放課後の図書室で、数学の問題に取り組む。ミルカさんは、エレガントな解法で「僕」を圧倒する。

一年後、「僕」を追うようにして後輩の元気少女・テトラちゃんがその輪に加わる。 数学がなんとなく《わかってない感じ》がするテトラちゃんは、先輩の「僕」に勉強の仕方を尋ね、 次第に数学のおもしろさを理解していく。

村木先生が出題する数学の問題に、 三人がそれぞれの持ち味でチャレンジ。 そのうちに三人の関係は不思議な展開を見せ始め…。

放課後の図書室といえば、やっぱり数学だよね!

Amazon

本書の目次

  • あなたへ
  • プロローグ
  • 第1章 数列とパターン
  • 第2章 数式という名のラブレター
  • 第3章 ωのワルツ
  • 第4章 フィボナッチ数列と母関数
  • 第5章 相加相乗平均の関係
  • 第6章 ミルカさんの隣で
  • 第7章 コンボリューション
  • 第8章 ハーモニック・ナンバー
  • 第9章 テイラー展開とバーゼル問題
  • 第10章 分割数
  • エピローグ
  • あとがき
  • 参考文献と読書案内
Amazon

誤りと訂正


フィードバック

フィードバックを送るフォーム

あなたのご意見やご感想をお送りください。

あなたの一言が大きなはげみとなりますので、どんなことでもどうぞ。

結城浩へのフィードバック

男性 (Male)   女性 (Female)

※上の情報は、いずれも未記入でかまいません。

All of the information above are optional.