『数学ガール』の感想(高校二年のレビューアさん)

書籍『数学ガール』

書籍『数学ガール』 の草稿を読んでくださったレビューアさん(高校二年生)からの感想です。

結城さん

「エピローグ」「あとがき」のレビューですが、 『数学ガール』を一通り読み終えての感想などを書こうと思います。

* * *

今回、無限級数や解析の勉強を始めようというときに、この文章を読むことができて、 よい出会い方をしたのではないかなと思っています。 厳密な理論、抽象的な部分から入るのではなく、 フィボナッチ数列・コンボリューション・ゼータ関数・テイラー展開・分割数などの面白い話題から触れることができて。 これから、しっかり理論武装していこうと思います。

知的好奇心の赴くままに読むことができました。それは何よりも、 結城さんが「僕」やミルカさんを通じて分かりやすい説明をしてくださったからです。 とても丁寧だけれども、端折るところは端折る。母関数とその閉じた式ということの意味は、 各章で出てくるたびに説明されていて、次第に体になじんでくる。 知識がないのに本書を楽しむことができたのは、本として自己完結していて、 丁寧な論理展開になっているからです。

3人の物語としての『数学ガール』も、私にとって大切なものとなりました。 いい関係の3人で、たいへんうらやましいです:-) 中学・高校と男子校で、 数学をする女の子がどのような感じなのか、全然分からないので……。ミルカさんにあこがれます。

ここのところ、新しい知識の獲得を淡々と続けて、何となく無味乾燥な感じがしていたのですが、 本書を読んでダイナミックな数学に触れ、 改めて、数学が好きだということを確認できました。ところで、 人間はなぜ数学をやるのでしょう。そこに『数学ガアル』からでしょうか ;-)

* * *

本書が伝えるメッセージはとても意義深いものだと思います。

自分で手を動かして勉強することの大切さと楽しさ。 「僕」の体験を通して伝えられていて、説教臭さがありません。

覚えるんじゃなくて考えるんだ、ということをはじめとして、 「僕」がテトラちゃんに伝えようとしたこと。

《数学の本質は自由にあり》。 「微分と差分」などでこのことに触れられたのもよい経験だと思います。 既存の何かの上を一歩一歩確かめながら歩いていくだけではなく、 もっと自由な世界が広がっている(らしい)と知ることができました。 「僕」やミルカさんは、自由ですよね。 私も、数学に限らず自由に飛び回ってみたいなあ、と思いました。

《数学は、時を越える》。この言葉にいろいろなことを考えさせられました。 今まで、アルキメデスのπの近似計算をやってみるなど、 数学者が考え、感じたことの追体験をして(ひょっとすると、高校レベルの数学は、 みなそうなのかもしれませんが)、そのたびに深い感動を味わいました。 『数学ガール』において、オイラー先生をはじめとする方々の考えたことに触れることができて、嬉しく思っています。

有史以来――数学が分野として確立していなかった頃から――世界中のさまざまな人々が、 興味を持って数学を思索してきた。彼・彼女が考えた道筋、 思ったことを、私たちも考え、思うことができる。彼・彼女が感動し、 挫折したのと同じように、私たちも感動し、挫折する。300年前の今日、 世界のどこかで誰かが、ペンを持って考えていたかもしれないし、 30年前の今日、どこかの16歳がノートに向かっていたかもしれない。 2007年の私がいて、30年後も300年後も、数学をしている人がいるかもしれない。 それらの人々がみな、同じ数式を見つめているとしたら、 なんとすごいことなのだろう。《数学は、時を越える》。

そのように考えると、第10章で強調されている「旅」というコンセプトが幅広いことに通用するのだなと思えてきます。 よりよい上界を探す旅、人生の旅、数学をする人々の歴史の旅。

* * *

数式が出てきて、かつ人間模様を描く文章は、世界で初めてなのではないでしょうか。 とても画期的だと思います。「人間が思い、考える数学」 ということを形式的にも体現しているんだと思います。あたたかみのある数学。 なぜ今までこのような本がなかったのだろう、と思うくらいです。 多くの人の心に響く一冊になると信じています。

* * *

最後ですが、このレビューは《一生忘れない!》経験になりました。 『数学ガール』のこと以外にも、いろいろな話題についてお手紙をやりとりすることができて、 本当に嬉しかったです。感想ばかりでまともなレビューになりませんでしたが、 レビューをさせていただき、本当にありがとうございました。結城さんとご家族のご多幸をお祈りします。

川嶋 稔哉

ぜひ、感想をお送りください

あなたのご意見・感想をお送りください。 あなたの一言が大きなはげみとなりますので、どんなことでもどうぞ。

あなたの名前: メール:
学年・職業など: 年齢: 男性女性
(上の情報は、いずれも未記入でかまいません)

お手数ですが、以下の問いに答えてから送信してください(迷惑書き込み防止のため)。
今年は西暦何年ですか?

何かの理由でうまく送れない場合にはメールhyuki dot mail at hyuki dot comあてにお願いします。

豊かな人生のための四つの法則