[ ホーム | 第一部 | 第二部 | 第三部 | 第四部 | フィードバック ]

『キリスト教の精髄』ガイド

 The Mere Christianity Study Guide 


はじめに

『キリスト教の精髄』ガイドへようこそ。 『キリスト教の精髄(せいずい)』は、 C.S.ルイスが書いたキリスト教の入門書です。 この本はクリスチャン、ノンクリスチャンを問わず、世界中の人々に読まれてきました。 この本を通して、どのような教派の人であっても、 本質的なキリスト教神学の基礎を理解できるようになっています。 このガイドの目的は、 ルイスのこの古典的な作品を人々がよりよく理解し、適用する助けとなり、 私たちが生きているこの世界の中で、 それぞれの信仰をもっと強く分かち合えるようになることです。 また、このガイドは、 キリスト教の教義を大づかみでとらえ、 聖書の神に対する基礎的な信仰を得るための大きな助けともなるでしょう。

このガイドを利用するためには、 まず『キリスト教の精髄』を入手して読み始めることをお勧めします。 本を手元に置いて、すぐに読めるようにしておきましょう。 図書館や書店にあるかどうか調べてみてください。 Mere Christianity Study Guide Book Store(英語) で注文することもできます。 〔訳注: 日本語訳は全国のキリスト教書店、CLCなどで購入できます。 『キリスト教の精髄』ISBN 4400520544 C.S.ルイス宗教著作集4(柳生直行訳)。

このガイドにはいろんな利用方法があります。 個人的にルイスの本を読むときに使ってもいいですし、 教会の勉強会で使ってもいいでしょう。 人数が多いときには小人数に分かれ、 読んだ個所について話し合う機会を定期的に持つこともできます。 〔訳注: C.S.ルイス・メーリングリスト でも利用しています。 〕

ヒント

  • あなたが、神様についてまだ確信が持てないなら、 『キリスト教の精髄』は読むのにいい本です。 というのは、 この本はさまざまな神観についての全体像を説明し、 それらと聖書の神とを比較しているからです。
  • 『キリスト教の精髄』は聖書の代わりになるものではありません。 しかし、この本は聖書的な概念をよりよく理解するための助けとなるでしょう。 神の言葉である聖書を学ぶことを決してないがしろにしないでください。
  • このガイドはさまざまなフォーマットで ダウンロード することができます。
  • 疑問が生じた場合には MCSGのよくある質問とその回答(英語) を参照してください。
  • ぜひ、感想や意見を、以下のリンクでお送りください。 あなたの一言は大きな励ましになり、またこのガイドをよりよくする大きな助けとなります。
  • このガイドを読み終えた後は、 MCSG Links (英語) を参照してみてください。
  • このガイドの原本は、 Bob が書きました。 現在も彼によってメンテナンスされています。
  • 〔訳注: このガイドの日本語訳は、 結城浩 が行いました。 翻訳の方針 もお読みくださり、ご意見をいただければ感謝です。 〕

[ ホーム | 第一部 | 第二部 | 第三部 | 第四部 | フィードバック ]


The original version of "The Mere Christianity Study Guide":
http://webusers.anet-stl.com/~mcsg/
The Japanese version (this page):
http://www.hyuki.com/mcsg/


All headings and quotes taken from Mere Christianity by C. S. Lewis are used without permission. Use at your own risk. All other material was written by Bob Wooldridge in 1996, translated by Hiroshi Yuki in 1999. The study guide questions may be freely used in order to give glory to God and to spread the knowledge of the Christian message.
見出しと引用はC.S.ルイスの『キリスト教の精髄』から許可を得ずに利用しています。 各人の責任で利用ください。 その他はすべてBob Wooldridgeによって1996年に書かれ、 結城浩によって1999年に翻訳されました。 このガイドの設問は神に栄光をお返しし、 クリスチャンのメッセージを広く告げ知らせる目的であれば、 自由に利用して構いません。