心の物語

結城浩

私が書いた物語です。

ティナからの手紙 (2006年)

英語の学びを一通り終えたとき、私はどうして村にとどまろうと考えたのでしょう。 勢いがついていたあの頃に、もしも望んだならば《外》へ行くこともできたでしょうに。 《外》へ出て行き、私の新しい暮らしをそこからはじめてもよかったのです。

more

ミルカさんとコンボリューション (2006年)

「この問題読んだ?」 放課後の図書室。 お気に入りの席について、計算をはじめようとしていた僕の前に、ミルカさんが紙を一枚置く。 彼女は立ったまま机に両手をついて、にこにこしている。

more

テトラちゃんと相加相乗平均 (2005年)

放課後、僕はキャンパス内の並木道を急いでいた。 早足で歩きながら、 ポケットからメモを取り出し、もう一度読み返す。 そこには、たった一行だけ書かれている。

more

ミルカさんとフィボナッチ数列 (2005年)

高校二年の秋。 僕は、放課後の図書室で後輩の女の子に数学を教えていた。 簡単な式の展開だ。

more

ティナ (2005年)

「相手とつながっていなければ、相手に何を伝えることもできないだろう。 けれど、相手とはなれていなければ、そもそも相手に何かを伝える意味はない。 私たちは共感する。でもそれと同時に対立もある。 その両方がなければ、その両方を許容することがなければ、 いろんなことがうまくいかないんじゃないだろうか」

more

ミルカさんの隣で (2005年)

高校二年の夏。 彼女は、僕のノートをのぞきこんで尋ねた。 「微分?」

more

インテグラル (2004年)

二次会が終わると、友人たちは三次会に流れていってしまった。 時計を見ると10時23分。帰るにはまだちょっと早い。

more

ミルカさん (2004年)

高校一年の夏。 期末試験が終わった日、 がらんとした図書室で数式をいじっていると、 ミルカさんが入ってきた。

more

ヨウマさん (2003年)

あ、す、すみません。 いまグラスをテーブルから落としてしまって。

more

ラブレター (2003年)

まーくん、お元気ですか。 なんてね。へっへー。

more

女の子 (2002年)

その女の子が乗ってきたとき、 電車の中で空いている席は私の隣だけだった。

more

シダコちゃん (2002年)

今日はシダコちゃんが中学三年生のときの話をしましょう。

more

青い石 (2002年)

彼と別れてから三日間、あたしは会社を休んで泣き続けた。

more

ワクラスくん (2002年)

もしもし、もしもし。 こんちわ。ああ。ああ。そうだ。うん、ワクラス。 ああ。ああ。そう、シダコに聞いて、かけたんだ。

more

美佐子さん (2002年)

もしもし。こんにちは。 わあ、何だか、ちょっと、感激です。電話で声が聞けるなんて。

more

猫 (1998年)

礼拝が終ってから家に帰り、原稿を少し書く。

1時におなかが空いてきたので、回転寿司でお昼にしようと思い、外に出た。

ドアの鍵を閉めて振り返ると、そこに黄色い大きな猫が立っていた。

more

笛を買う (1998年)

森を歩いて、とうとう僕は道化に会った。
僕が金を渡すと、道化は無造作に金を取る。

more

こどもとおとなのあいだにいるあなたへ (1998年)

どっちに進んでもいい、というけれど、
でも、でも、どっちに進めばいいの?

more

祭りの夜 (1997年)

僕は一人で寝ている。二階の畳敷きの僕の部屋だ。
風邪をひいていて、のどが痛い。

more

ベスタバシャ (1997年)

醜い鳥、ベスタバシャ。
翼は汚れた紫。
左は折れていて、右は曲がってて、
空を飛べないベスタバシャ。

more

好きな食べ物 (1997年)

好きな食べ物について書く。 風邪をひいて熱があるときに、すりおろしたリンゴを食べるのが好きだ。

more

見えない剣 (1997年)

王子は恐かった。王子は大臣の顔がゆっくり黒ずんでいくのを目のあたりに見た。

more

王様と3人の息子 (1996年)

「父上、あなたは僕が若いゆえに小さな国しか治められないとおっしゃいます。 それなら僕を試みてください。 北の国、南の国、西の国から、 父上のおっしゃるものを何でも見つけてまいりましょう」

more

みずうみ (1996年)

森をぬけると、みずうみが見えた。 いや、まだ森はぬけていない。 みずうみの向こうにもまだ森はつづいている。

more

和野橋 (1996年)

僕が幼稚園に行っていた頃、和野川には三本の橋がかかっていた。 也屋橋、和野橋、十日橋という名前だ。 和野橋と十日橋の間には夜見橋があったのだが、 一昨年前に流されてしまった。 今は三本しか橋はない。

more

空を飛ぶ (1996年)

「本当に空を飛べるの?」と僕が聞いた。 「ああ」と魔法使いが答えた。

more

ほかの読み物


ご意見・ご質問はこちらからお送りください。

フィードバックを送るフォーム

あなたのご意見やご感想をお送りください。

あなたの一言が大きなはげみとなりますので、どんなことでもどうぞ。

結城浩へのフィードバック

男性 (Male)   女性 (Female)

※上の情報は、いずれも未記入でかまいません。

All of the information above are optional.